ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生と死が隣り合う場所。ネパールの火葬場「パシュパティナート」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

パシュパティナートはネパール最大のヒンドゥー教寺院。ガンジス河の支流が流れていて、ヒンドゥー教徒の沐浴の場でもあります。川岸のガートは火葬場になっていて、次から次へやってくる遺体がここで焼かれます。

私が行った時も遺体が焼き終わり、そして次の遺体を焼き始める時でした。付近は常に煙が立っている状況です。

遺体はオレンジ色の服を来ていて、まず水につけて儀式をしていました。その後薪で焼いていきました。ガートの反対側にはたくさんの見物客。観光客だけでなく地元の人も大勢いました。

焼いているすぐ隣で子どもが川に飛び込んで遊んでいても誰も何も咎めません。カメラを向けても不謹慎だと思われることもありません。死は覆い隠すべきタブーではなく日常の中の1コマなんだと実感します。火葬場からちょっと目をずらすと・・・ネパールらしくこの寺院もやたら猿がいました。

シカも

子犬も、牛も。死の隣には生きるものたちがいました。

[寄稿者:マリ]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/kaiganfu/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP