体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GEM 現体制最後となる定期公演……伊山摩穂不在も「気持ちは10人。最高のパフォーマンスを届ける」

エンタメ
GEM 現体制最後となる定期公演……伊山摩穂不在も「気持ちは10人。最高のパフォーマンスを届ける」

 実力でアイドル界No.1を目指している、avex発の10人組ガールズグループ GEM。3月28日に現体制最後となる定期公演【GEM Live Mixture 2016 ~3rd STAGE~】を新宿BLAZEにて開催した。

GEM キュートなライブ写真一覧

<10人分の気持ちが込められたパフォーマンスに全力で呼応>

 6月25日以降、武田舞彩が米ロサンゼルスへ留学するGEMにとって、同ライブは定期公演としては彼女を含む10人でパフォーマンスできる最後のステージ……だったのだが、圧倒的なダンススキルや愛嬌あるキャラクターで人気を博しているメンバー・伊山摩穂が体調不良の治療に専念するため一時活動休止に入っており、この日のライブも9人で敢行することに。しかし彼女たちはツイッターに「今日は摩穂のぶんも頑張ります」と記し、ステージ上でも「気持ちは10人。最高のパフォーマンスを届ける」と言い放ち、その10人分の気持ちが込められたパフォーマンスに観客も全力で呼応、冒頭から凄まじい熱気を生んでいく。

 元々ポジティブで明るい印象のグループではあるが、仲間の留学や活動休止といった事態に対しても屈折せず、何があろうとも「GEMは10人」と言い続け、満面の笑みと全力のパフォーマンスで眩くあろうとする姿勢は、当然ながら観る者の胸を打つ。

<全員によるコーラスで「ずっとずっと You are my best friend」>

 そんなユニット名の如く輝きを放つGEMの定期公演では、いつもは全員で披露しているナンバーをシャッフルメンバー=人数非固定という形で披露したり、ダンス&ボーカルグループとしての魅力を際立たせるべく、コーラスはコーラス、ダンスはダンスだけで披露するコーナーも用意したりと、更なる進化を遂げる為の試みを用意。

 この日の夜公演では、金澤有希、南口奈々、小栗かこ、村上来渚、武田舞彩、平野沙羅による「Delightful Days」、伊藤千咲美、森岡悠、熊代珠琳、小栗かこ、村上来渚、武田舞彩、平野沙羅による「Like A Heartbeat」のパフォーマンス。全員によるコーラスでは「BEF」を選曲し、優しくもエモーションの乗ったハーモニーで「ずっとずっと You are my best friend」と歌い上げ、観客の涙腺を刺激する。そしてメンバー自ら振り付けを考えた「DANCE NUMBER」では椅子を用いながら、会場の空気を一変するほど妖艶かつクールなダンスを畳み掛けた。

<GEMの中で最もナルシストなメンバー決定!>

 また、中盤に行われたトークコーナー「Talk Mixture」では、自身のレギュラーラジオ番組『GEM★カラット』の公開収録風な世界観で、GEMメンバー&スタッフ投票による「1番自分のことが好きそうな人ランキング」を発表。まず10位で最もナルシストじゃなさそうなメンバーに伊藤千咲美が選ばれ、彼女に投票したメンバーたちは「千咲美は自分に興味がなくて好きなアイドルさんに興味がある」「いつも髪の毛ボッサボサでやってくる」「自分より他人(ひと)が大事」とコメント。

 一方、まさかの同率1位に選ばれた小栗かこ&平野沙羅に対しては「自分に自信があるからファンの人に対して自然と小悪魔になれる」「自分のことを嫌いといつも言ってるけど、楽屋ではでっかい鏡をまず自分の前に置く」といった意見やツッコミが飛び交い、そんな中で南口奈々だけが自分に投票していたことを自ら暴露! 「やっぱりこの業界(自分を)好きじゃなきゃやっていけないッスよ!」と豪語し、笑いを誘っていた。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会