ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本最大級のライヴサーキット「TOKYO CALLING 2016」が始動!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京におけるロックシーンの中でこれまでありそうでなかった、日本最大級のライヴサーキットがこの秋に始動する。その名も「TOKYO CALLING 2016」。今年のシルバーウィーク、9月17日(土)、18日(日)、19日(月)の3日間で下北沢、新宿、渋谷での開催となる。

東京の音楽シーンの中心的な3エリア下北沢、新宿、渋谷にスポットを当て、初日となる9月17日(土)は下北沢で10会場、翌18日(日)には新宿で10会場、最終日の19日(月)は渋谷の10会場と、合計30ものライヴハウスでの開催、合計300アーティストの出場を予定している。

そしてイベントと合わせてチェックしたいのは、4月7日(木)よりTOKYO FMで同名のラジオ番組『TOKYO CALLING』がスタートするという点。放送は、毎週木曜日20時30分から21時15分まで。ナビゲーターは、TOKYO FMのロック番組を担当する大抜卓人と菅野結以という音楽愛にあふれる2人が決まった。「TOKYO CALLING 2016」に出演するアーティストの情報や楽曲をどんどんオンエアするとのことで、気になる出演アーティストの発表は、どうやらこの番組の初回放送で動きがありそうだ。

東京は日本の中心であり、音楽の中心でもあるが、ロック界においては昨今は関西勢の勢いが増すばかり。その大きな理由はサーキットイベントやフェスの充実にあり、個人イベンター、ライヴハウス、イベントプロモーター、FM局、テレビ局と、それぞれのイベントやフェスが有機的に絡み合い、バンドが自動的に成長するシステムがかっちりとできている。それなのに東京にはそれらに匹敵するようなサーキットイベントがないということから、大阪「見放題」、名古屋「でらロック」、福岡「TENJIN ONTAQ」という全国屈指のサーキットフェスが合同、東京で集結し、今回ついに日本最大級のライヴサーキットを立ち上げる。

“下北沢、新宿、渋谷のそれぞれ独立したシーンを合体させて、日本一のロックシーンを生み出すのがこのイベントの目的。すべてのアーティスト、音楽事務所、レコード会社と共にこのイベントを作り上げ、今後5年10年とかけてアーティストが一生音楽を続けていけるような環境をこの「TOKYO CALLING 2016」で実現できると信じています”とイベント実行者は語る。

出演アーティスト情報、TOKYO FM『TOKYO CALLING』の番組情報、チケット情報など最新情報は、これから随時更新されるオフィシャルHPをチェックしてみよう!

■「TOKYO CALLING 2016」 オフィシャルHP

http://tokyo-calling.jp/

■「TOKYO CALLING 2016」 Facebook

https://goo.gl/33kRO2

■「TOKYO CALLING 2016」 Twitter

https://twitter.com/calling2016

「TOKYO CALLING 2016」
<日程/会場>

9月17日(土)【下北沢】:GARDEN、ERA、Mosaic、cave-be、Daisy Bar、CLUB QUE、CLUB251、SHELTER、ReG、LIVEHOLIC

9月18日(日)【新宿】:LOFT、LOFT bar、Motion、Marble、MARZ、HOLIDAY、RUIDO K4、ACB、SAMURAI、club SCIENCE

9月19日(月)【渋谷】:O-EAST、O-WEST、O-Crest、O-nest、duo MUSIC、CLUB QUATTRO、TAKE OFF 7、MILKY WAY、CHELSEA HOTEL、Star Lounge

<チケット>

1日券(9月17日、18日):¥4,000+1D(¥600)

1日券(9月19日):¥4,500+1D(¥600)

3日通し券:¥11,000+3D(¥1,800)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP