体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

公爵夫人が愛した毒草だらけの庭園は、北イングランド一人気の観光スポット!

英イングランドのノーサンバーランド北部にあるアニック(Alnwick)という街には、年間60万人が訪れる「北イングランドで一番人気のアトラクション」と言われる場所があります。どんなテーマパークかと思えば、それはなんと、あるお城の庭園。でもこの庭園、ただのお庭ではなかったのです・・・。

毒草だらけの危険な「ポイズン・ガーデン」

それは、ノーサンバーランド公爵夫人によって2005年にオープンされた「ポイズン・ガーデン」(The Poison Garden)。なんと、死に至ったり、幻覚をみせる植物ばかりが植えられているのです!

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Graeme Peacock

庭園の入り口は、このような雰囲気。メルヘンチックで、おとぎ話の世界に迷い込めそうですね。

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Margaret Whittaker

でも、近づくと門扉にはドクロと「ここの植物は殺傷能力あり」の記載が。イケナイ場所に踏み込んでいく不思議な高揚を覚えそうです。

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Margaret Whittaker

庭園に出るためには、緑のトンネルを抜ける必要があります。別世界への入り口のようですね。

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Margaret Whittaker

あっ!

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Margaret Whittaker

ケージに入れられていたりするので、素人目にも危険な植物がよくわかります。

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Margaret Whittaker

日本でも猛毒でよく知られているトリカブトも、ここでは堂々と咲いています。

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
(C) Margaret Whittaker

専任ガイドが、毒草の解説をしてくれるツアーも。ガイドは来場者に、植物に触ったり、臭いをかいだりしないように注意をするそうです。それもそのはず、敷地内には生育に政府の認可が必要な毒草も多数生えているのです。実際に来園者が失神したりすることもあるというのだから、本気の毒ですね。盗難にあったりしないように24時間監視下に置かれているエピソードも、何やら背徳感を増強します。

では、そもそもこの庭は、どのような経緯でつくられたものなのでしょうか。それを知るには、まずこの庭園をかかえるお城から知っていく必要があります。

映画「ハリー・ポッター」の撮影にも使われたお城

この庭があるのは、アニック城(Alnwick Castle)という11世紀に建てられた歴史あるお城。

触るとキケン!公爵夫人がオープンした毒草だらけの庭園
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。