ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グウェン、ジャスティン、ゼインらの強敵を抑え、ザ・ウィークエンドが洋楽チャート2週目のNo.1をキープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週初のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”首位をマークしたザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」が今週も1位をキープした。

 エアプレイ・チャートでは先週7位から5位へとランクを上げ、さらにポイントを稼いだ「キャント・フィール・マイ・フェイス」。今週洋楽チャート2位にジャンプアップを果たしたグウェン・ステファニー「メイク・ミー・ライク・ユー」のエアプレイ・ランク(4位)には僅差で及ばなかったものの、動画再生ポイントを積み上げ、今週も1位を死守する結果となった。4月の初来日公演が5分で完売するなど、リスナーやメディアからの注目度に加え、来日にむけてプロモーションがさらに過熱することも予想され、今後もTOP3圏内に留まり続けることは濃厚だろう。

 4位には、3月25日に待望のソロ・デビュー作『マインド・オブ・マイン』をリリースしたゼインの「ピロートーク」が再浮上。アルバムの発売に伴い、エアプレイ、デジタル・セールス、動画再生回数など、バランスよくポイントを積み上げ、再びランクを上げてきており、8位には「ライク・アイ・ウッド」が初登場している。同曲は、アルバム発売日に米人気TV番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』で披露され話題となり、エアプレイに加え、Twitterポイントにもその効果が跳ね返ってきている。米ビルボード・アルバム・チャートでは、現時点までに積み上げたユニット数から1位になると予想されるなど、世界中で大ヒットとなっていることを受け、今後の国内のチャート動向も気になるところだ。

 17位には、フィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」が初登場。この曲は5月20日にリリースされる2ndアルバム『7/27』収録曲で、全英チャートでは3位、米ビルボード・ソング・チャートで最高位12位を記録している。そして20位に初登場したのは、プリンスも絶賛するLA出身のR&Bグループ=キングの「ザ・グレイテスト」。デビュー作のリリースは3月2日だったが、その唯一無二のヴォーカルとプロダクションのクオリティがリスナーの口コミでじわじわ広がりつつあり、5月に控える初来日公演へ向けても期待が高まっている。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「キャント・フィール・マイ・フェイス」ザ・ウィークエンド
2位「メイク・ミー・ライク・ユー」グウェン・ステファニー
3位「ソーリー」ジャスティン・ビーバー
4位「ピロウトーク」ゼイン
5位「シー・ユー・アゲイン」ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
6位「ワーク feat.ドレイク」リアーナ
7位「ハート・ミー」ラプスリー
8位「ライク・アイ・ウッド」ゼイン
9位「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー
10位「ファースト・タイム」カーリー・レイ・ジェプセン

関連記事リンク(外部サイト)

4月4日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」初週71万枚を売り上げビルボード総合首位獲得
KAT-TUN デビュー10周年記念ベストALが1位に、いきものがかりのベストALは好調維持

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP