ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『死霊館』の続編、“イギリスのアミティヴィル”と言われる史上最大のホラー事件に挑む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『死霊館』の続編で、超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻が、いつの時代においても最も恐ろしいホラー話とされる、“イギリスのアミティヴィル事件”に乗り出す。

続編となる映画『The Conjuring 2(原題)』の新しいトレーラーは、3月25日から27日で開催されたアニメコンテンツのイベント、ワンダーコンで初公開された。パトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガが前作に続きウォーレス夫妻を演じ、実際に起きたエンフィールドのポルターガイストの調査に挑む。

ロレイン・ウォーレンは「あらゆるものを見てきたけれど、私たちのどちらも、それほど慌てさせるようなものはなかった」「しかし、これ……これだけは、未だに恐怖感を覚える」と映像の中で語る。

フランシス・オコナーが、悪霊に苦しめらる家族を目にする母親役を演じる。特に子供のジャネット(マディソン・ウルフ)が誰よりも問題を抱えているように思える。1977年のイギリスのエンフィールドが舞台となっている。

ジェームズ・ワン監督は、3月26日(現地時間)、エンフィールドのポルターガイストの話を選んだことについて「我々は、アミティヴィルの事件を忠実に反映したかった。この2つのケースは、世界中で最も文書化されたパラノーマルな事件だ」と、ツイッター上の質疑応答で語った。

オリジナル版の『死霊館』もワンが監督を手掛けた。2013年6月に公開後、ニューライン・シネマにとって驚くべきヒット作品となった。製作費は2000万ドルだったのに対し、興行収入は全世界で3億2000万ドルを記録した。

『The Conjuring 2(原題)』は6月10日に米劇場公開予定。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP