ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どういうこと?東京・大阪に「君、なに人?」と書かれた謎広告出現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月28日から、六本木メトロハットと大阪阪急 D-Streetの目立つところに「君、なに人?」という意味不明な言葉が書かれた巨大広告が出現しています。実はこれ続きがあり、小さい文字で「 わたし、 イソジン」と書かれています。つまり「君、なに人? わたし、イソジン」ということらしいです。駄洒落?

この広告は、殺菌消毒剤「イソジン」のブランドリニューアルおよび、4月1日から国内における販売・流通をシオノギヘルスケア株式会社が行っていくことにあわせ展開されているもの。

【関連:牡蠣ーン! やずやの『しみじみ応援歌』が謎の中毒性 「牡蠣も入ってる」と主張がすごい】

「この春から、イソジンはムンディファーマとシオノギヘルスケアがお届けします。」という情報を、「世の中に大きなインパクトを持ってお伝えしたかった」という熱意ある意図で設置しているそうです。だからって単純にデッカくしなくても!と思うところですが、シンプル故か読み上げると妙に脳内リピートする中毒性があります。頭の中で「君、なに人? わたし、 イソジン」がずっとエンドレスリピートしそうです。

なお、この広告は同じ物のポスター版が駅貼りとして、そして医療専門誌や業界紙にも掲載されているそうです。「君、なに人? わたし、イソジン」。見かけたらぜひ一度読んでみてください。


関連記事リンク(外部サイト)

大事なぬいぐるみをメンテナンスしてくれる「ぬいぐるみ病院」が話題
過去の想い出ごとレッツご供養!4月1日に『ストラップ・スマホケース供養』
ドコモの花粉飛散予報がつかえるらしいので試してみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP