ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[Alexandros]、ブルエン、ユニゾンが贈る卒業ライブに9,200人が来場、橋本奈々未もサプライズ登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の『SCHOOL OF LOCK!』と、進研ゼミプラスが来春、卒業や進級など新しいスタートを切る10代に贈るスぺシャルライブ「SCHOOLOFLOCK!×進研ゼミプラス presentsWhistleSong」を、3月27日に有明コロシアムで開催。9,200人の観客で埋め尽くされた。

[Alexandros]、BLUE ENCOUNT、UNISON SQUARE GARDEN(五十音順)の3バンドが、1日限りの卒業スペシャルライブを披露した。さらに『SCHOOL OF LOCK!』内の人気コーナー『GIRLS LOCKS!』3週目を担当する橋本奈々未(乃木坂46)がサプライズ登場し、橋本奈々未が出演する撮り下ろしスペシャルムービーも上映された。

オープニングは、橋本奈々未が出演するスペシャルムービーからスタート。とある学校の卒業生に扮した橋本奈々未が、ふいに何処かから聞こえてきた笛の音を追って走り出し、「この笛は終わりじゃない。始まりの合図だ」というメッセージを力強く伝える。

続いて、とーやま校長とあしざわ教頭がステージに登場。とーやま校長の「みんな!受験お疲れ様!頑張った自分へのごほうびだと思って今日は汗かこうぜ!」と呼びかけると会場からは大歓声が沸き起こり、1日限りのスぺシャル卒業ライブ「Whistle Song」がスタートした。

橋本奈々未が出演するスペシャルムービーのPart2では、橋本奈々未が、大阪のリスナー“はすみちゃん”から『SCHOOL OF LOCK!』番組掲示板に届いたメッセージを読み上げた。「第一志望の大学に受からなくて落ち込んだけど、今は第二志望で、英語の勉強を頑張ろうと思っています」橋本奈々未が「この子と直接、話してみたいな。電話してみようかな」と電話をかけるシーンで映像は終わるが、電話の呼び出し音はそのまま鳴り続け、会場に来ている“はすみちゃん”に本当に電話がかかってくる。

会場がどよめく中、“はすみちゃん”が電話に出ると、「もしもし?乃木坂46の橋本奈々未です。実は私も会場に来ているの。今からステージで会わない?」という声が。会場が驚きで包まれる中、本物の橋本奈々未がステージに登場。思いがけないサプライズに会場は大いに盛り上がった。

さらに“はすみちゃん”にステージに上がってもらい、橋本奈々未と直接トーク。“はすみちゃん”が「今は、どこに行っても、自分がやろうと思えばできると思っています。自分のしたいことを成し遂げられるような大学生活を送りたい」と言うと、橋本奈々未は「高校三年生でこんなに自分の考えをしっかり持っているのは、本当に強い!今日集まっているみんなの勇気になると思います!」とエールを贈った。

ライブの最後を締めくくったのは[Alexandros]の「ワタリドリ」。イントロが流れると大歓声が沸き起こり、サビでは会場全体が一つになって大合唱となった。さらに、上空から桜の花びらが舞い降りてくる演出も行われ、花びらに書かれている「さあ、はじまった!今日の歌は、君をどこまでも連れて行ってくれる」というメッセージが観客に届けられた。

本公演の模様は、本日の22:00から『SCHOOLOFLOCK!』でオンエアされる。

BLUE ENCOUNT<セットリスト>
「DAY×DAY」「アンバランス」「Survivor」「NEVER ENDING STORY」「LIVER」「もっと光を」「はじまり」

UNISON SQUARE GARDEN<セットリスト>
<セットリスト>
「23:25」「カラクリカルカレ」「シュガーソングとビターステップ」「何かが変わりそう」「MR.アンディ」「シャンデリア・ワル ツ」「天国と地獄」「桜のあと(all quartets lead to the?)」

[Alexandros]<セットリスト>
「Boo!」「Girl A」「Run Away」「Dracula La」「I want u to love me」「This is Teenage」(アコースティック弾き語り)「NEW WALL」「ワタリドリ」

<3バンドから卒業生に贈る黒板メッセージ>
[Alexandros]…「It’s your turn」
3バンドがステージでの役目を終えましたが、これからは“あなたたちの番ですよ”という意味で、It’s your turn という言葉を選びました。ライブでは我々が主役だったんですが、ライブが終わって、明日からは、皆さんそれぞれが主人公。それぞれのステージで頑張って頂きたいと思います。It’s your turn!

BLUE ENCOUNT…「己にうち克て!」
中学時代の先生からもらった言葉で、いまだに僕はこの言葉を“座右の銘”にしています。前に進むときも、辛くなった時も、どんな時でも、僕はこの言葉を自分に言い聞かせて闘ってきました。これから新学期が始まりますが、自分が誇れるもの一つでも多くゲットして下さい。これがあれば自分は誰にも負けないぞ、というものがあれば、自分に打ち克つことができると思います。困ったとき、辛くなったとき、この言葉を思い出して下さい。

UNISON SQUARE GARDEN…「続ける」
激動の春、ということで、皆さん環境が変わるでしょうけど、僕らぐらいは、変わらずに、楽しく音楽を続けていたいな、と思っています。そして皆さんも、部活でもなんでもいいので、続けられるものを見つけられたらいいんじゃないかなと思って、この言葉を贈らせていただきます。

BLUE ENCOUNT「どれだけ失敗しても、みんなには僕らがついてるから安心して」
<ライブへの意気込み>
Vo&Gt:田邊駿一
卒業するにせよ進級するにせよ、新たな環境になるということで、不安のほうが多いと思うんですよね。ベタですけど、僕らが出来ることは、全力で忘れさせること!高校時代からこのバンドをやっているので、12年背負ってきた汗とか涙とか、放出することができたと思う。他のバンドより暑苦しいライブになると思います(笑)。

Dr:高村佳秀
一番ライブを楽しむためには、何も考えないこと!日々色んなことがあるけど、そういうことを考えずに済むからライブは楽しいんだと思うんですよね。

Gt:江口雄也
自然と体が動くと思うので、恥ずかしがることなく、“楽しむ”という気持ちだけ持ってきて欲しい。

Ba:辻村勇太
今日初めてライブを見る、という人もいるかもしれない。自分もそうだったんですけど、何かを変えたかったりする時ライブに行くと思うので、明日につながる一歩を感じられるライブにしたい!

メッセージ
ちょっとだけみんなより長く生きている人間から言わせて下さい。みんなには、これから良いことがいっぱい待ってる。でもキツいことも山ほどある。経験したことのない悔しさもある。でっかい壁もある。でもどれだけ失敗しようが、僕たちがついてるから安心して。それが僕たちがバンドをやってる理由。高校の時から、出会った人の背中を押したくてやってきた。みんなが辛いときでも、よっしゃ頑張ろうと思える曲をいっぱい書くから!

UNISON SQUARE GARDEN「自分が10代だった時は色んなことに敏感だった。」
<ライブへの意気込み>
Vo&Gt:斎藤宏介
自分が10代だった時、色んなことに敏感で、欲求がすごく強かった。音楽も好きだったし、ライブで騒ぐのも好きだった。そういう10代の前で演奏できるのは楽しみ!環境って変わるものだから、ずっと幸せなわけではないし、ずっと不幸せなわけでもない。だからこそ、僕たちぐらいは変わらずに音楽を続けて、いつも通りの楽しいライブができたらいいと思う。

Dr:鈴木貴雄
僕が高校卒業した春は、人生の“闇”期という感じで、いい想い出は何ひとつないですけど(笑)。受 験というストレスからようやく解放された、という喜びはありますよね。

Ba:田淵智也
ライブって不思議なもの。漫画やニュース映像とかで見るのと違って、実際のライブは全然違うものが目の前に広がっていると思う。実際にその場所で、大きな音で音楽を聴いた時に、自分の体がどう動くかを大事にして欲しい。

メッセージ
今日はいい曲たくさんやるから!最後まで自由に楽しんで下さい!

[Alexandros]「嫌っていうほど失敗を繰り返して、挫折を味わってきた」
Vo&Gt川上洋平
バンドのデビューが、社会人でいうところの就職だとすると、10 年就職できなかったようなもんで すから。嫌っていうほど失敗を繰り返してきて、挫折を味わってきましたね。我々はほんの少しだけ背中を押すぐらい しかできませんけど、ライブを純粋に楽しんで欲しい。そして終わった後は皆さんの人生を楽しんで下さい。

メッセージ
ライブが初めてという子もいると思うけど、自由にしていいからね。歌いたいと思ったら歌っていいし。今日は皆さん の声も聴きたいと思ってます。

関連リンク

TOKYO FMhttp://www.tfm.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP