体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芸能界女子サバゲー部の対抗戦に潜入!吉本女芸人VS声優

芸能界女子サバゲー部の対抗戦に潜入!吉本女芸人VS声優

ミリタリーな話題をマニア目線でお届けしている、鉄砲蔵の「ミリタリー魂」。今回は吉本興業の女芸人と声優それぞれを総大将にすえ、黄色、赤に別れて行うサバゲー大会『GALLPO祭』を取材してきました。

【関連:秋葉メイド喫茶主催のサバゲー大会に行ってみた 独自ルールや動物との触れあいに「ほのぼの」】

芸能界女子サバゲー部の対抗戦に潜入!吉本女芸人VS声優

例年は年末年始のサバゲーイベントに参加しレポートしているのですが、昨年末から今年はじめにかけての温度変化のせいか体調を崩していました。そろそろ年でしょうか。
それでこの所休日は映画、博物館、すでにレポート済みの秋葉原ASOBIBAでサバゲーとゆるゆる過ごしていたのですが、インターネットSNSのイベント通知機能を通じて通告が来ました。

GALLOP社製品のバイオBBのみを使用したサバゲー大会『GALLOP祭』のお誘いが!単にBB弾の使用を限定するだけでなく、黄色組「らんまるぽむぽむタイプα」VS赤組「戦え!ぴっちょりーな」という対抗戦で実施するようす。

■芸能界の女子サバゲー部が本気出して対抗戦

どちらもミリタリー品即売会やサバゲーで時々お会いする方々。本気でサバゲーを趣味として楽しむ傍ら、芸能界で奮闘する女性です。

しかもサバゲー終了後、「ぽむりーなサミット」と称して台湾料理店で、二人を交え食事しながらサバゲーの話題で盛り上がろうという企画も。

最近サバゲーは芸能人の間でも流行りつつあり、女性も珍しくなくなりました。そんな中の女同士を大将とした対戦、どうなるか楽しみです。

ツイッターでそれぞれが自己紹介するところによると

▼らんまるぽむぽむタイプαさん
ミリタリー好きガスマスクタレント。吉本の傭兵。生まれは三菱重工業製です。サバイバル生活をしています。

らんまるぽむぽむタイプαさん

▼戦え!ぴっちょりーなさん
戦う新人声優!!趣味はサバイバルゲーム&リトルカブ。
サンリオ商品CMナレーション/「孔雀王」アニメPVヒロイン阿修羅役/TBSアニメ「ぐでたま」声優/ALPHA INDUSTORIES広告モデル/などであります。

戦え!ぴっちょりーなさん

うーん、とりあえずALPHA INDUSTORIESの製品を愛用しているし、一度秋葉原ASOBIBAで対戦したことがあるということで、ぴっちょりーなさんの赤組で参加。

場所は千葉県佐倉市のバトルシティーユニオン。最近はタクシー会社もこの辺りのサバゲー場はほとんど把握しているようで、サバゲー場の名前を言えばほぼ問題なくたどり着けます。

今回、駅、フィールド、台湾料理店をタクシーで回りましたが、それぞれ料金は

JR佐倉駅→バトルシティーユニオンで2530円
バトルシティーユニオン→台湾料理店が2710円
台湾料理店→JR八街駅が1450円
でこの日のタクシー代が6690円となります。

さて、現場の条件としては駐車場の要領はおよそ100台、銃の準備や着替えをするセーフティーゾーンもおよそ120人は収容できそうです。フィールド面積はおよそ60m×60mで、酒場や商店街を模した囲いの建物が密集するフィールドとなります。

■仕事と関係なくガチでサバゲー好きな女芸能人二人

沢山の人が集まってた

まず現場に到着してみると目に付いたのはギャロップBB弾の販売でジャンケンセールが行われており、販売スタッフとジャンケンして負けるかあいこなら1 kg分を、勝ったら同じ値段で1.2 kgに増量と言うもの。今回のゲームは機関銃を弾数無制限でいくらでも撃っていい、という久しぶりのゲームなのでこういうサービスは有り難いです。

販売ブースではジャンケンイベントが

今回、それぞれ大将を務めていただく両名。ガスマスクに白いセーラー服がらんまるぽむぽむタイプαさん、紺色のセーラー服が戦え!ぴっちょりーなさん。
ここ3年ほどで女性にサバゲーは流行り出しましたが、それ以前、サバゲーは女性にはいい印象を持たれていませんでした。そこで今回、本気で二人がサバゲー好きなのか探りをいれてみることに。

「もし大富豪の御曹司に『サバイバルゲームやエアガンの趣味を一切やめるなら我が屋敷にお招きしよう。』などと持ちかけられたらどうします?サバゲーを捨てて大富豪の元に行きますか?」
両名の答えは

▼らんまるぽむぽむさん
「悩むけど、相手の趣味を否定する人はそもそも好きになれない。私はガスマスクファッションも趣味。歴代の彼氏もガスマスク趣味にハマって巣立って行きました。」

▼ぴっちょりーなさん
「ムリ!趣味を辞めろと言われても・・・一緒に楽しんでくれる人がいい。」

仕事や宣伝でしているわけではなく、お二人とも本気でエアガン、サバイバルゲームが好きでやっているようです。お二人に限らず、フィールドにいる女性はみな「楽しい!」って言ってくれます。おじさん嬉しいです!

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。