ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】リアーナが6週目のNo.1を死守、ルーカス・グラハムが遂に2位に浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワールドツアーがスタートした、リアーナの「ワーク」が、6週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 アルバム『アンチ』(今週3位)のリリース前から予定されていた、リアーナの【アンチ・ワールド・ツアー】。当初予定されえていた2月末のスタートから、自身の体調不慮のため延期となったが、3月12日から無事スタート。ドレイクもゲストで登場したツアーは好評で、この反響もあってか、ツアーの18曲目に歌われる「ワーク」も6週目の首位をマークした。なお、ツアーに何らかの変更点があったようで、オープニング・アクトを務める予定だった、ザ・ウィークエンドは降板することになった。ザ・ウィークエンドは4月に初の来日公演を予定している。

 その女王リアーナから、首位の座を狙うのが、ルーカス・グラハムの「7イヤーズ」。本国デンマークやUKはじめ、ヨーロッパ方面では主要国でNo.1を獲得、全世界で大ヒットを記録している。ミュージック・ビデオは5500万回を突破し、ダウンロードも好調。リアーナが次週、一気にポイントダウンすれば、早くも入れ替わりが実現しそうだが、今週も高ポイントを獲得しての首位獲得となったリアーナが、そう簡単には首位の座を譲り渡してはくれなそうだ。

 そのルーカス・グラハムから、UKチャートで首位の座を奪ったのが、今週10位に返り咲きのTOP10入りを果たした、マイク・ポスナーの「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」。2週前に6年ぶりとなるTOP10入りを果たし、先週は11位にダウンしたが、今週また売上を伸ばしてランクインを果たした。UKチャートでは初のNo.1獲得、ノルウェーやアイルランドでも首位をマークしている。

 先週の26位から20位へ、自身3曲目のTOP20入りを果たしたのは、DJスネークの新曲「ミドル」。注目のシンガー、バイポーラ・サンシャインをゲストに迎えたミッドテンポのトラップ・ソングで、昨年夏に大ブレイクした「リーン・オン」(最高位4位)に通ずる中毒性の高いフロア・チューンに仕上がっている。2013年のデビュー曲「ターン・ダウン・フォー・ホワット」(最高位4位)そして「リーン・オン」に続く3曲目のTOP10入りとなることも期待できそうだ。

 2014年にリリースした3rdシングル「ファンシー」が7週のNo.1をマークした、イギー・アゼリアの新曲「チーム」が、今週42位に初登場。この曲は、6月にリリース予定の2ndアルバムからの先行シングルとして3月18日に発売され、同日に公開されたビデオは、10日間で1500万回視聴回数を突破した。ジャスティン・ビーバーの「ソーリー」(今週11位)と同様に、自身が出演しないダンス・ビデオが話題を呼んでいて、視聴回数は1週間で1500万回を記録している。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、30日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ワーク feat.ドレイク」リアーナ
2位「7イヤーズ」ルーカス・グラハム
3位「ラヴ・ユアセルフ」ジャスティン・ビーバー
4位「マイ・ハウス」フロー・ライダー
5位「ストレスド・アウト」トウェンティ・ワン・パイロッツ
6位「ノー」メーガン・トレイナー
7位「ミー、マイセルフ&アイ」ジー・イージー&べべ・レクサ
8位「ピロートーク」ゼイン
9位「ケイク・バイ・ジ・オーシャン」DNCE
10位「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」マイク・ポスナー

関連記事リンク(外部サイト)

4月9日付 Billboard Hot 100 全米ソングチャート
4月9日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
リアーナが米ソング・チャート6週目のNo.1、メーガン・トレイナーがTop10に急浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP