ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、、クマのぬいぐるみ型通信端末「ここくま」を開発、7月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 3 月 30 日、クマのぬいぐるみ型通信端末「コミュニケーションパートナー ここくま」を開発したと発表しました。「ここくま」は、離れて暮らす家族の新しいコミュニケーション手段を提供するために開発された通信端末で、本体のボタン操作するだけで、スマートフォンを介した音声メッセージのやり取りが可能になるほか、人感センサーにより人が近づくとその時々の気の利いたことばをかけてくれる、おしゃべり機能も搭載しています。「ここくま」では、左手のボタンを押しながら話すと、その言葉が音声メッセージで家族のスマートフォンに送信され、右手のボタンを押すと受信した音声メッセージを読み上げてくれます。スマートフォンにを操作することなく、簡単に家族とコミュニケーションがとれるということです。「ここくま」は見守り端末としても機能します。家族のスマートフォンにインストールした専用アプリで「ここくま」に保存されたメッセージの再生の有無を確認できます。「ここくま」は 2016 年 7 月にイワヤ株式会社より発売されます。価格は 34,800 円 + 税で、Amazon などのネット通販やデパートで購入できるとされています。Source : NTT ドコモ

■関連記事
TOKYO MX、矢口真里がMCを務めるスマートフォンアプリの情報バラエティー番組「教えて!アプリ先生」を4月6日より放送
富士通の「arrows Fit F-01H」と「arrows NX F-02H」が今年のレッド・ドット・デザイン賞を受賞
リクルート、POSレジアプリ「Airレジ」のAndroid版を6月下旬で提供終了へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP