体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]この発想はなかった! アウディが顔文字ヘッドライトを開発 ヘッドライトでドライバーとの交流が可能に\(^o^)/

メイン

日々進化し続ける自動車の機能。アウディは2016年4月1日、今年2月に発表された新型『Audi A4』に、新たなオプション装備として“Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト”が加わることを発表。……ヘッドライトに顔文字!? 表情を加えることで周囲の車とのコミュニケーションを可能にした、革新のライティング技術だそうです。

サブ1 - 3

今回発表された“Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト”は、ドライバーの健康状態を表情豊かな顔文字でヘッドライト上に表現し、ドライバーの疲労や不調が検知されたときは、周囲にそのドライバーを気に掛けるよう促す、新たなセーフティ機能を目指したもの。そのダイナミックなライティングの動画を、特設サイトで公開しています。

ひと目でドライバーのコンディションがわかる\(^o^)/

サブ1 - 1 サブ1 - 2

ドライバーの状態が正常な時は、<normal mode>としてヘッドライト上に顔文字\(^o^)/が点灯。元気そうです。

サブ2 - 1 サブ2 - 3

万が一健康状態に不調が検知された場合は<dull mode>として(; ´ Д `)を表示。おお、これはちょっと辛そうですね。ドライバーが辛さを顔に出さない強面のおじさんやスマートな紳士でも、この顔文字が表示されていれば異変に気付いてあげられる……!

サブ2 - 2

ドライバーの状態は、新型『Audi A4』のハンドルやシートに内蔵された脈拍計、体温計などにより健康状態や疲労度までもリアルタイムにモニター。特にシートに内蔵されたセンサーで背中の体表脈波を測定することで、ドライバーが集中しているか、注意散漫の状態かを判断。休息が必要と判断した場合には、警告音でドライバーに注意喚起するとともに、ヘッドライト上に<dull mode>(; ´ Д `)が表示されます。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。