ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SPYAIR、初フランス単独公演に1000人が大熱狂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SPYAIRが3月26日、パリのLA MACHINE du Moulin Rougeにて初のフランス単独公演を行なった。

最新アルバム『4』もヨーロッパ全土で発売開始。『4』の楽曲を中心に新旧取り混ぜたセットリストで超満員の会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

SPYAIRがパリでライブを行うのは2013年に日本のポップカルチャーイベント『Tokyo Crazy Kawaii』に出演して以来、これが2度目。これまでにSPYAIRが楽曲を手掛けてきた『ハイキュー!!』『銀魂』といった数々のアニメ作品はフランスでの人気も非常に高く、これらを通してSPYAIRを知ったファンが着実に増加。現地からの熱いラブコールを受けて、念願の単独公演がついに実現した。

現地入りしたメンバーは、ライヴ前日にもTV、雑誌、ネット等の取材に応じ、夜にはフランスのメディアJapan FMのインターネット番組に出演。アコースティックの生演奏でプロモーションをするなど、まさに世界のロックスターさながらの多忙な行程となった。

本番当日、開演前からのファンの「SPYAIR!SPYAIR!」コールで、高まる期待と共にライヴが幕を開けると、「ROCKIN’ OUT」「ファイアスターター」と冒頭から飛ばし、一瞬にして会場を興奮のるつぼに巻き込んだ。音楽の力でファンを巻き込んでいくそのスタイルは、数々の海外公演で経験を積んできたSPYAIRならでは。

また、メンバーそれぞれが覚えてきたフランス語のMCを披露。「ジュ ヴ ゼム (愛してるよ)」「ヴゼット シュペール!(みんな最高!)」など、現地の言葉でファンとの交流を図る。そしてライブ中、抽選で当たったファンをステージに上げ「My Friend」を一緒に歌うというサプライズも実行。ステージとフロアとが一体となり、暖かい空気に包まれた。

今回は特効や映像など、海外では滅多にできないステージ演出にも挑戦し、会場に集まったファン達は大いに沸き上がった。

アンコールの鳴りやまないパリのファンたちに感動したメンバー一同を代表し、IKEから「今日こうしてここに立つことが出来たのは、SPYAIRを応援し僕らのために集まってくれたみんな、そしてSPYAIRをパリに呼ぶために頑張って下さったフランスのスタッフのみなさんのおかげです、本当にありがとう!」と感謝を述べ、次はより一層パワーアップして戻ってくることを約束、初のパリ単独公演は大成功を収めた。

今後のSPYAIRは、昨年12月にアニバーサリーイヤーの締めくくりとして、開催された2大アリーナツアーより、さいたまスーパーアリーナの模様を完全収録したライブDVD『DYNAMITE ~シングル全部ヤリマス~』を発売。夏には、昨年に引き続き単独1万人野外ライブ『JUST LIKE THIS 2016』を富士急ハイラント・コニファーフォレストにて開催することが決定している。

Live photo provided by Japan FM

『JUST LIKE THIS 2016』
7月30日(土)  山梨 富士急ハイランド・コニファーフォレスト

イベント特設サイト

http://www.spyair.net/justlikethis2016/





カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。