ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【女子ぼっち飯】第6回 うどん+カルボナーラ+ライス!? 衝撃の「うどんめし」にぼっちで立ち向かえ! 新宿『うどんダイニング するり』

  • ガジェット通信を≫

忙しいバイトや学校生活勉にパワーをくれる、一日のお楽しみと言えばランチ。
誰かとワイワイ食べるのも良いけど、せっかくの休憩時間。自分の食べたい物を自由気ままにゆっくりと楽しみたいときは誰でもあるはず。
でも一人じゃ寂しい? 否、街は女子が“ぼっち”で入りやすいお店であふれているのだ!
さぁ、今日も美味しい食事で心もお腹も満たされよう。

 

ぼっち女子も入りやすい、オシャレな創作うどん屋さん

うどんといえば魚からとった出汁が定番ですが、近頃、洋風のお出汁やスープでいただく創作うどんが女子に人気。今回は新宿の『うどんダイニング するり』にお邪魔しました!

お店の場所は歌舞伎町方面、新宿区役所の近く。JR新宿駅の東口からは徒歩10分かからないくらいでしょうか。

ビルの2階にある広い店舗。ブラウンで統一された、木のぬくもりを感じるモダンな内装。

★ぼっちPOINT★
立ち食いうどんなども多いうどん屋さん。サラリーマンたちも多くてハードルが高い……と感じているぼっち女子もいるのでは? 広々としてオシャレな店内は、ぼっち女子も落ち着ける空間。また、お昼時でもそこまで混雑しないというので、入りやすいのも嬉しい。

 

うどんだけじゃない!? ライスも入った創作メニュー「うどんめし」

ざるうどんやきつねうどんなど、スタンダードなうどんもありますが、せっかくなら創作うどんを食べなきゃ損!

「つけめんうどん」「明太バターまぜうどん」「海老フライのせナポリタンまぜうどん」「牛タンとろろまぜうどん」など、未知のうどんが多数。どれにしようか目移りしてしまう!

★ぼっちPOINT★
ぼっち飯だからって味気ないものを食べるのは寂しい。写真映えする見た目にも華やかな創作うどんは、SNSにあげるメニューとしてもピッタリ!

しかし、創作うどんの中でも異端のメニューが!! その名もするり名物「うどんめし」。うどんの下に、なんとごはんが入っているのです! 炭水化物on炭水化物。

ここでしか食べられないという「うどんめし」(980円)。ならば挑戦しようじゃないか! バリエーションはトマトクリーム、バジルクリームなどがありますが、一番人気だというカルボナーラを注文してみました。

目の前に登場したのは、卵黄が輝き、たっぷりのパルメザンチーズ、ベーコン、ほうれん草など色合いも鮮やかなまさにカルボナーラ。

卵黄を割って、全部をまぜまぜ。

箸を入れてみると、つるっとしたうどんが姿を現します。そしてスプーンを器の底のほうにグッと差し入れると、ごはんが登場! バターの風味がついたごはんは、カルボナーラのスープにマッチ。

先にうどんを食べて残ったスープとごはんをまぜるも良し、うどんとごはんを一緒に全体をまぜて食べてもOK。

ブラックペッパーがアクセントになって、全体を引き締めています。また、ベーコンがゴロゴロ大量に入っていて、お得感も感じる。

うどんもごはんも1人前より少ないくらいの量とのこと。それにしても大ボリュームですが、女性でも食べきる人が多いそうです。

★ぼっちPOINT★
炭水化物on炭水化物なんて……気になるけど、友だちと一緒じゃ頼みづらい。友だちが引くかも、なんて心配もぼっち飯なら無用。ぼっち飯だからこそ変わり種メニューにもチャレンジして。

 

創作メニューで楽しく美味しいぼっちランチ

ちょっと変化球な変わり種メニューが楽しい『うどんダイニング するり』。うどん&ごはんのボリュームたっぷり「うどんめし」、あなたは完食できる?

■店舗DATE
うどんダイニング するり 新宿本店
新宿区歌舞伎町1丁目2番9号 シタディーンセントラル新宿東京 2F
03-6278-9143
※年中無休(不定休)
[月~金] 11:30~14:30(L.O 14:00) 17:00~翌 6:00(L.O 翌 5:00)
[土] 11:30~翌 6:00(L.O 翌 5:00)
[日] 11:30~23:00(L.O 22:00)
http://www.testajapan.com/sururi/shinjyuku/index.html

※この記事はFromAしよ!!とガジェット通信で共同制作しました。

取材・文:non 企画:ガジェット通信

関連記事リンク(外部サイト)

【女子ぼっち飯】第5回 新橋のオシャレカフェで栄養◎&ボリューム満点の腹ペコさん大満足ランチを 『kawara CAFE&DINING』
【女子ぼっち飯】第4回 キュートなにゃんこメニューのちょっぴりディープなお店 谷中『ねんねこ家』
【女子ぼっち飯】第3回 駅ナカ・電源アリの快適カフェで東日本を味わう 秋葉原「のものキッチン」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP