体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気のウユニ塩湖に行く前に!南米ボリビアの治安情報

Photo credit: Sakura Miyazaki「17ヵ国目~ボリビア~」

Photo credit: Sakura Miyazaki「17ヵ国目~ボリビア~

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
皆さんは南米の国ボリビアにどのようなイメージを持たれていますか? 有名な観光スポットのウユニ塩湖を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 「行ってよかった海外観光スポットランキング」でも上位に入る人気の場所なので行ってみたい人も多いと思います。
しかし、南米は比較的治安の悪い国が多い所。地域によって多少の差はあれどボリビアも例外ではありません。
今回は安全に観光するために犯行事例や安全対策を紹介したいと思います。

ボリビアってどんな国?

正式名称ボリビア多民族国、通称ボリビアは周りに海がない内陸国です。憲法上の首都はスクレです。しかし中央政府がラパスにあり人口もスクレの5倍以上なので実質ラパスが首都として機能しています。
国土の60%以上がアマゾンの熱帯雨林になっているため、年間通して温暖で雨量も多い場所です。しかし国土の残りの30%近くは高山地域で気温が低くなっています。ここはアンデス山脈の一部であるため標高が高く、最低でも約600mあります。
このように地域によって気温差が激しいため地域毎に産業が違っています。
温暖な地域ではコカ、カカオ、コーヒー、大豆、綿花、バナナなどの農業が盛んで、ボリビアの主な財源になっています。高山地域では鉱物資源など天然資源が豊富に取れるため鉱業が盛んに行われていますが、それらの資源を利用する技術やお金がないために財源としては厳しい状況です。

ボリビアの治安について

That awkward moment... by Eneas, on Flickr
That awkward moment…” (CC) by  Eneas 

イギリスエコノミスト誌が発表した2015年の世界平和指数ランキングで南米15ヶ国中6位でした。
標高が高い地域ほど貧困層が多く、低い地域ほど富裕層が多くなっています。そのためラパスの中でも標高が低い場所はボリビアの中では比較的治安が良い地域です。観光の際はこのことを頭の片隅に置いておくと危険な地域に行かずに済むと思います。

ボリビア観光で気をつけるべきポイント

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【まるで氷の世界?世界で一番の絶景】私の人生を変えたウユニ塩湖」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。