ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雪景色と一体化できる「ガラス張り」の施設に行ってみたい!(新潟)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目されているようです。中はどうなっているのでしょう?

「食」を中心に
みんなが交流できる場

実はここ、なかには地産食材を使ったレストラン「A alla Z」 があり、そのほか習い事の教室やギャラリーなど、多目的利用施設として使用されています。

敷地は1,500坪ほど。すごそばには、樹齢数百年の大きな保存樹木。冬は真っ白な雪に包まれ、建物の中から迫力の景観を眺められます。

目の前にある木々や緑が、月日が経つに連れて成長し、自然との境界線がなくなっていくとのこと。

景色が窓に反射し、まるで一体化したように見えるところも魅力的ですが、中に居ても森のなかに立っているような感覚を味わえそうです。

建築には、新潟の商店街などで見られる雪除けの屋根「雁木造(がんぎづくり)」が用いられています。商店街と同じくして、地産品の直売所やギャラリー、厨房などを繋ぎ、さらに拡張できる仕組みに。

カフェや雑貨売場は、今春のオープンに向けて調整中とのこと。一度行ってみたいですね。

Photo by Naomichi Sode
Licensed material used with permission by TAKUYA HOSOKAI

関連記事リンク(外部サイト)

アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」
沖縄・宮古島をドローンで空撮。空からしか分からない「青い魅力」
金色に輝く!雪の銀山温泉が幻想的すぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP