体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしも「キムカツ」のミルフィーユカツを炊飯器で作れたなら【社畜のなりきりマネごはん】

f:id:Meshi2_IB:20150325220804j:plain

こんにちは。シェフ社畜です(ノ`)。私、『社畜のはりきり朝ごはん』というブログをやっているのですが、なんという運命のいたずらか同名の本まで出版してしまいました。そして今回、なんという運命のいたずらか「メシ通」さんよりお声がかかりまして、「頼んでもいないのにあの人気メニューを勝手に作ってみる企画」にトライすることになりました。運命のいたずらって怖いですよね! 嬉しい!

内容はひとことでいうなら、みんなが好きな有名店の人気メニューを自宅で再現してみるというもの。記念すべき初メニューに選ばれたのは恵比寿に本店を構える「キムカツ」さんです。あのトンカツ界に革命を巻き起こした、お肉を重ねて一世を風靡したミルフィーユカツをコピー&テイストしてみようじゃないかという、斬新かつ意欲的、それでいて大変失礼な感じの企画が、今、始まる……! ₍₍ ◝( ´ω´ )◟ ⁾⁾

f:id:Meshi2_IB:20150324171859j:plain

と、いうわけでまずは本家を知るべくキムカツ恵比寿本店へ。

こちらがキムカツさんの看板メニュー、ミルフィーユカツです!

f:id:Meshi2_IB:20150324171900j:plain

特注で極薄にしているお肉がなんと26枚も重なっているそう。

では早速食べてみます。まあでも、いうてもカツなんでね、これまでにも何度も食べとるし、大体味の予想はついて

f:id:Meshi2_IB:20150324171901j:plain

はい絶品!(ノ∀`) アチャー

正直申し上げまして、この企画の無謀さを全身で感じました。なんていうんでしょう。何層にも重ねられた肉が口の中で弾けて肉汁が溢れています。お口の中で豚が大名行列。さらにご飯も粒が立ってて最高!

しかし! そこはこちらも素人サラリーマン料理研究家の名を欲しいままにしているシェフ社畜。このミルフィーユカツを必ずや自宅で再現して、キムカツさんをぎゃふん! と言わせてみせましょう!

そう、この炊飯器でな!

f:id:Meshi2_IB:20150324171902j:plain

炊飯器て(∪ ´ω` ) ギャフン

そう、何を隠そう、シェフ社畜はなんでも炊飯器で作ってしまうのが得意だったのです。

さて、炊飯器で揚げ物だなんてうまくいくのでしょうか? レッツ・ミラクル! ( ´ ▽ ` )ノ

f:id:Meshi2_IB:20150324171903j:plain

今回はミルフィーユということで薄切り豚肉をバラ、ロースとたくさん買ってきました。何はともあれ、まずはそれを薄く重ねてみたいと思います。

f:id:Meshi2_IB:20150324171904j:plain

おー、なんかとってもいい感じです。ではではそのまま26枚重ねれば本家の味に近づいていくんじゃないかな?

f:id:Meshi2_IB:20150325212154j:plain

全然無理やったわ!(ノ∀`) アチャー

びっくりするくらい無理でした! のちに判明するのですが、キムカツの肉は専用の技術で極薄に切っているそうで、普通のスーパーで手に入るカツだと8枚でこの厚さになりました。まあ、ちょっと考えればわかる結果でしたけど、今日のところはこれくらいで勘弁してやりましょう。

次に、小麦粉と卵、パン粉を肉に絡めます。

f:id:Meshi2_IB:20150324171905j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。