ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

データ表示&分析機能を搭載!スマートロードバイク「SpeedX Leopard」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SpeedX Leopard暖かくなってきて、そろそろロードバイクにまたがる人もいるのではないだろうか。

そんな人に耳寄り情報だ。このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「SpeedX Leopard」。

GPSやコンピューターがハンドルに内蔵され各種データが自動的に集められるスマートさと、軽量かつタフさを備えている。

・ハンドルにスクリーン

たとえプロでなくてもロードバイクに乗る人の多くが、スピードや距離などを意識してペダルを漕いでいるだろう。

SpeedX Leopard3SpeedX Leopardはそうしたデータを自動収集し、ハンドル部分にある2.4インチのスクリーンに表示する。

またANT+対応のデバイスと連携させれば、ラップタイム、心拍、消費カロリー、天気などのデータも収集し、パフォーマンスを分析することも可能だ。

・ワイヤー内蔵で風の抵抗を抑制

一方、SpeedX Leopardのフレームには東レのカーボンファイバーが採用され、重さは1.2キロと従来の半分程度。総重量も軽量タイプで7.9キロとなっている。

また、ブレーキワイヤーがフレーム内に収められ、風の抵抗を抑えられるようにも設計されている。

SpeedX Leopard2・今なら19万円から

気になるお値段はというと、通常タイプが1699ドル(約19万3000円)、より軽量のプロタイプが2699ドル(約30万6000円)。なかなかの値段だが、Kickstarterでは今なら通常タイプ1299ドル(約14万7000円)〜、プロタイプ1999ドル(約22万7000円)〜となっている。

安いパッケージから完売しつつあり、気になる人は早めにチェックした方が良さそう。出資期限は4月22日。

すでに目標額を達成しているので商品化はほぼ確実。7月にも発送を予定し、生産が順調に進めば今夏からツーリングやトレーニングに活用できそうだ。

SpeedX Leopard/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。