ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

臨月目前、すでに体重15kg増!自己流ルールだけど効果アリ、食事と間食の見直し

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「妊娠中、何が一番大変?」

と聞かれたら、私は

「体重管理!」

と答えます。

1人目の妊娠では、体重管理には気をつかわなくてもほとんど増えることがなく、4キロ増しで出産することができました。

しかし、2人目は妊娠中期から体重が急に増えていくのに加え、

「食べたい!」

という欲求を抑えることができなくなってしまったのです。

産婦人科の先生は、多少の体重の増加ではそれほどうるさく言うようなタイプでもなかったので、体重管理をするどころか好きなものを好きなだけ食べるような生活をしていました。

妊娠前にはそれほど好んで食べなかった甘いお菓子は、つわりが終わった妊娠中期以降からは、いくら食べても止まりません。

食欲が抑えられないと人に相談すると「自分に厳しく!」なんて言われますが、どうしたことか本当に我慢できずにいました。

おかげさまで体重は8カ月目にして10キロ増し。

週末になると、ファーストフード店に行きたくて仕方ないという有様でした。

昼ごはんを食べた後すぐに夕ご飯のメニューを考える日々。

今考えると恥ずかしい話ですが、当時は食べること以外何も考えていなかったのではないかと思うほどの食欲でした。

外食すると、当たり前のように「大盛りで!」と注文。

案の定、頼んだ料理を運んでくる店員さんは、主人に大盛りを、私には並盛りを提供してくれます。

店員さんが去った後、お膳ごと交換するという、大がかりな作業は隣の席のお客さんも見ています。

とりあえず、お腹いっぱいになると満足する私。

情けないと思いながらも「やめられない」と開きなおっていました。

しかし、臨月に差し掛かった頃、とうとうあの人の口が開きました。

いつも優しい産婦人科の先生です。

「お母さん、わかっていますよね?」

体重管理のことです。臨月にしてトータル15キロ増しの私。

さすがに、危機を感じました。

友達に言われても平気でしたが、医学的根拠を持つ医師に言われると胸に突き刺さりました。

笑ってごまかす私に、

「お母さんがこれ以上太ると、産道に脂肪がついて難産になってしまう可能性がある」

ということを真面目な顔で伝えてくれた先生。

その日から、私は食生活を見直しました。

お菓子は100カロリーまでと自分の中でルールを作り、間食を制限。

そこからは、低カロリーでお腹いっぱいになりそうなものを探しました。

スーパーに行って食べ物のパッケージに書いてあるカロリーを眺めます。

全部で300カロリーあるお菓子を買うのでれば、3日分という自己流のルールに基づいた制限は意外と効果的でした。

また、昼ごはんは好きなものを、朝晩は魚メインの料理にすることで、体重増加に歯止めをかけることができました。

しかし、結果的に16キロ太ってしまった私は、ただいま産後ダイエットに苦闘しています。

こんなに苦労するなら、あの時もっと頑張れば良かった…なんて後悔しています。

後悔先に立たず…本当にその通りだと痛感しているこの頃です。

著者:りけママ

年齢:28歳

子どもの年齢:長男4歳 次男0歳

毎日子育てに家事に追われていますが、子どもたちの笑顔に癒されます。大変ですが、楽しく明るいママでありたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

思わずサバ読んじゃった…体重を少なく申告してしまい、あと7kgしか増やせない!
つわり明けに体重が急増!ドカ食い防止に作った◯◯で、体重キープもお通じもOK
家事にヨガにウォーキング!8ヶ月からとにかく動いて動いて、スピード安産に!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP