ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジューサーとミキサー 生のフレッシュジュース作りに向いているのは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

果実をしぼって生のフレッシュジュースを作るとき、ジューサーとミキサーのどちらを使いますか? どちらでもたいして変わらないように思われるかもしれませんが、実は意外に違いは多いのです。

ジューサーはその名前の通り、ジュースを作るための道具。容器の底のおろし金のような板を回転させて果物や野菜をすり下ろし、絞り汁とカスを分離させてジュースを作ります。カスと一緒に繊維質も取り除かれるので、口当たりがよくてサラッとしたジュースになります。

ミキサーは容器の底に刃がついており、それが高速で回転することによって果物や野菜を細かく粉砕して、材料を混ぜあわせます。繊維質も含めて食材をすべて撹拌するのでドロッとしたジュースになります。また、水分を足さないとジュースにならないので、100パーセントジュースを作ることができません。

野菜や果物に含まれているビタミンCは空気に触れると酸化型ビタミンCになり、時間が経つにつれてビタミンCの効能は失われていきます。ミキサーは刃の回転中に空気がジュースに混ざり、果物や野菜のビタミンCの酸化が進んでしまいます。また、果物や野菜の酵素もジューサーを使ったジュースのほうが多く摂取することができます。そのために一般的にはミキサーよりジューサーのほうがジュース作りにはいいとされています。

食物繊維を摂取できるスムージーを作りたいときはミキサー、ビタミンCや酵素をなるべく多く摂れるジュースを作りたいときはジューサーと、用途によって使い分けるようにしましょう。

おすすめのレシピ

濃厚!ごちそうバナナジュースのレシピ | 料理サプリ

さわやかパインソーダのレシピ | 料理サプリ

トマトの抗酸化スムージーのレシピ | 料理サプリ

アボカドとはちみつの濃厚シェイクのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

香りも味も台なしに! ワイン殺しの危険な食品たち
りんごは冷蔵庫の嫌われ者!? 一緒に入れるものに要注意
サラダ油の“サラダ”ってなんのこと!?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP