ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のお花見は、ちょっとリッチに!桜の名所別、お花見おすすめテイクアウト弁当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京でも桜が開花。とはいうもののその後寒い日が続いていることもあって、今年は比較的長い期間お花見が楽しめそう。そこで今日は、お花見には欠かせない、テイクアウトできるお弁当を桜の名所別に紹介。今年は、去年までとは一味違ったお花見を満喫できるかも!?

1.【上野公園】「松坂屋上野店・ほっぺタウン」
知らない人がいない程の桜の名所・上野公園からほど近い「松坂屋上野店」では、「うえのさくらまつり」を開催。“ゴージャス”をテーマにした彩り豊かな寿司や弁当など、約50種類がそろう。中でもオススメは、<北辰鮨>の「お花見オードブル 選べるお鮨」。4種類の中から人数や好みに合わせて何段でも自由に組み合わせられるお鮨重。スケルトンだから見た目も華やか。各単品1重(2~3人前)各3500円。予約のみの販売なので、必ず事前に予約を。

 

2.【日比谷公園ほか】「大丸東京店・ほっぺタウン」
日比谷公園のほかにも付近に数多くの桜の名所がある東京駅。ここに隣接している大丸東京店でも、充実したラインナップのお花見弁当がそろっている。特に彩りの美しさが目を引くのが<創作鮨処 タキモト>の「昆布〆鯛といくらと甘えびの咲くLOVEミルフィーユ(2160円)。スイーツかと見まがう程のミルフィーユ状の盛り付けが斬新だ。これなら「花より団子」派のカレも満足できそう!?

 


3.【成田市 さくらの山公園ほか】「ホテル日航成田・御花見弁当」
多くの桜の名所を持つ成田。なかでもこの公園では、間近に飛行機を見ることができ、桜と飛行機のコラボが楽しめると人気のスポットだ。東京からも程近く、ドライブを兼ねたピクニックにも最適なこの公園に行くなら、「ホテル日航成田」で「御花見弁当」をテイクアウトしてみてはいかが?創作ちらし寿司をはじめ、鰆の幽庵焼、筍と菜花と蛸の煮物など春の味覚がたっぷりと詰まっている。そうそう、このホテルの中にも約100本の桜があり、ホテル敷地内の芝生広場でこのお弁当を広げるのも楽しそう。価格は2500円(税別)。2日前12時までの予約制なので気を付けて!

 


4.【大阪城公園】「ホテルニューオータニ大阪・春爛漫弁当」
次は大阪から。大阪の桜の名所・大阪城公園から徒歩圏内にあるこのホテルの、期間限定弁当を紹介しよう。春のごちそうが20種以上入った宝箱のような豪華版。ホテル1階の「オールデイダイニング SATSUKI」にて。受け取り日の2日前までの予約制、料金は3500円(税別)。

 


5.【大阪城公園】「ショーン・ザ・行楽弁当」
大阪ネタをもう1つ。大阪城公園からの電車のアクセスも便利な南船場にある「Shaun the Sheep Café」の行楽弁当は、特にファミリーでのお花見のお供にオススメ。英国アードマン・アニメーションズ製作「ひつじのショーン」に登場する、ショーンのかわいい巻きずしや玉子焼きが入っている。二段弁当(一人前)2000円(税別)、ショーン・ザ・巻きずし(一巻)1000円(税別)。2人前以上、3日以上前の予約のみの販売。(http://www.shaunthesheepcafe.com/)

6.【全国各地のお花見スポット】「PIZZA-LA」
特設サイトを開設し、期間限定で各地のお花見スポットにピザを届けてくれるサービスを展開中なのが、「PIZZA-LA」。ピザ以外にもポテトやチキンのサイドオーダーや、お酒、スイーツのお届けも。当日予約Okなのも嬉しい限り。実は肌寒い夜桜花見が、アツアツのピザでワンランクアップできそう!?特設サイトはココ(http://www.pizza-la.co.jp/sc_Campaign_Ohanami2016.aspx)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP