ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Lollipop時代から続いたメモリリーク問題をようやくを修正した模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は Lollipop 時代に問題として報告されてきた Android のメモリリーク問題を 3 月のセキュリティアップデートで修正した模様です。これはユーザーの報告によって明らかになったことで公式発表ではありませんが、Android 6.0.1 の最新版である「MMB29V」ビルドにアップデートしたユーザーからは、RAM 使用量の肥大化が止ったと報告されています。Lollipop / Marshmallow のメモリリーク問題は、System UI などの一部の標準アプリが時間と共にメモリを食いつぶしていくことで、システム全体がモッサリしてしまう現象のことです。長らく解消されないと継続的に報告されていました。Google は Nexus 5X / 6P の 3 月のセキュリティアップデートでパフォーマンス問題を修正したと明らかにしており、これがメモリリーク問題の修正だったと考えられます。Source : Google

■関連記事
Google、Pixel Cを25% OFFで販売するプロモーションの提供国を拡大
Googleの暗号化対応Micro SDカード「Project Vault」は今年のGoogle I/Oで正式発表か?
SoundCloud、米国でサブスクリプション型サービス「SoundCloud Go」を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP