ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたも知っておいたほうがいい、冷蔵庫へ入れてはいけない10の食材

DATE:
  • ガジェット通信を≫

買い物から帰ってきて、ついついなんでも冷蔵庫へ放り込んでしまいがち。でも、アノ食品は冷蔵庫へ入れるべきではないことを、知っていましたか? 旅行へ出かける時も、これらは冷蔵庫へ入れず、保たないものは食べてしまうか、処分するなどしたほうが良いでしょう。

1:玉ねぎ

冷蔵庫では水分が玉ねぎを柔らかくし、カビやすくなります。涼しく、暗い場所で手提げの紙袋などで保管しましょう。じゃがいもも同様の方法で常温保存ですが、玉ねぎとじゃがいもは相性が悪く、玉ねぎを腐敗させる水分やガスを放出させるので、離した場所に置きましょう。

2:コーヒー

独特の香りが失われ、冷蔵庫内の食品の匂いが移ってしまいます。涼しく暗い場所で保管しましょう。挽いた豆を購入するのなら、少量ずつ買ったほうが香りを楽しめそうですよ。

3:スイカ

丸のままのスイカは、風通しの良い日陰で保存しましょう。常温保存することにより、スイカの「甘み」、ガンや老化を防ぐ「抗酸化作用」が失われないそうです。水道水などで食べる1時間前に冷やし、カットして余った分は早めに食べ、冷蔵庫に長く置かないようにしましょう。スイカは劣化が早いのです。

4:ホットソース

ホットソースは、常温保存が辛味を強く感じられます。酢が含まれているので、酸化を防ぎ、2-3年保ちます。ただし、きちんと蓋をしておくこと。ケチャップは、開封後は冷蔵庫保管で。

5:ピーナッツバター、チョコレート・ヘーゼルナッツスプレッドなど

常温が塗りやすく、独特の香りも強く感じられ、常温保存可能です。冷蔵庫へ入れると固まってしまいます。蜂蜜、オリーブオイルも同様に室温で。

6:にんにく

冷蔵庫内は、水分がカビを発生させやすく、発芽しやすい環境です。涼しく暗い場所で、紙袋へ入れて保存。

7:パン

パンを冷蔵庫で保存すると、パンが速く乾燥し、パサパサになってしまいます。室温で1-2日以内に食べ、残りはラップして、フリーザーで保存しましょう。小麦粉ものはフレッシュさが命。こまめに新しいものを買いたいものです。

8:アボカド

アボカドは冷蔵庫へいれてしまうと熟成がすすみません。まだ熟れていないアボカドを買ってきた時は、室温で熟成を促しましょう。色が濃くなり、触ってみて、柔らかさを感じたら食べ頃です。

9:桃、さくらんぼ、プラムなど木に実るフルーツ、ベリー類

これらはとてもデリケートなフルーツ。イチゴやブラックベリーなどベリー類は特に傷みやすくカビが生えやすいので、食べる分だけ買って、その日のうちに食べることが望ましいですね。桃は熟れていない場合、常温で追熟させましょう。

10:トマト

収穫後も追熟するので、熟していないトマトは、室温で完熟させましょう。冷蔵庫で保管すると、香りや味が失われてしまいます。

冷蔵庫は「食品の押入れ」じゃない

冷蔵庫は「食品の押入れ」感覚で、なんでも入れてしまいがち。

傷むと困るから。虫が来ると嫌だから。カビが生えるのでは? といった思い込みで、とにかく冷蔵庫に入れてしまいますが、食品も生きもの。寒く冷たい冷蔵庫が好きではないようですね。基本は食べる分だけ買ってきて、新鮮なうちに食べるのが良いようです。そうすれば冷蔵庫もスッキリ、忘れて腐らせることもなくなりますよ。

[All photos by Shutterstock.com]
[marie claire]
[food network]
[daily savings]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。