体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住まいの防犯[中] 一戸建て編:“めんどくさそうな家”になる!

住まいの防犯[中] 一戸建ては“めんどくさそうな家”と思わせる

空き巣や忍び込みなど、「住まいを狙った犯罪」とその対策をお伝えするシリーズ。今回は一戸建て編。侵入の被害が一番多い一戸建て住宅にはどのような対策がいいのだろうか。安全生活アドバイザーの佐伯幸子さんにその方法を聞いた。

昭和〜平成初期の一戸建ては、狙われやすい?

「住まいを狙った犯罪は、2002〜3年(平成14〜15年)をピークにして、全体では減少傾向にありますが、空き家を使ったケースなども増えています」と佐伯さん。そもそもだが、住まいを狙った犯罪は、なぜ2002〜3年に多かったのだろうか。【図1】侵入窃盗認知件数の推移(出典:警察庁住まいる防犯110番)

【図1】侵入窃盗認知件数の推移(出典:警察庁住まいる防犯110番)

「これはピッキングの手口が侵入者のあいだで広く知られ、全国で被害が多発したためです。これ以降に建設された一戸建ては、ピッキング対策をはじめとした防犯対策がされていて、ワンドアツーロック、セキュリティガラスを採用している物件も増えました」と話す。

また、犯罪認知件数は減少傾向だが、「理論上は、犯罪に遭遇する確率は下がるかもしれませんが、ひとたび被害にあってしまえば、自分にとっては100%ですよね。備えあれば憂いなし、予防に勝る治療なし、そんな用心が大切なんです」と気を引き締める。

特に注意したいと強調するのが、昭和や平成初期に建築された一戸建てだ。

「住まいの犯罪被害で多いのは一戸建てで、4割弱を占めています。四方向に窓があるということはすなわち侵入口が多いということ。また、築年数が古いとそれだけ防犯対策がなされておらず、突破しやすいんです。防犯ガラスにリフォームする、錠前を変えるという人は、残念ながら多くはありません。昨日まで無事だったからと現状に甘んじてなかなか防犯対策に取り掛かれないようです。それに “うちはとられるものなんてないから”という人も少なくありません。でも、それが侵入者の思うツボなんです」という。

「パソコンやデジタルタブレット端末、パスポート、クレジットカードなどは、どこの家にもあるはず。どれも換金しやすいほか、身分書の偽造などの犯罪に悪用されることも。盗むものを決めるのは、住んでいる人ではなく、盗む側です。そこをよく覚えておいてほしいですね」と警告する。【図2】2014年、侵入強盗がどこで起きたかを示すもの。一戸建てが4割弱、マンション・アパートなどの集合住宅でも低層のほうが狙われやすい(警察庁住まいる防犯110番より筆者作成)

【図2】2014年、侵入強盗がどこで起きたかを示すもの。一戸建てが4割弱、マンション・アパートなどの集合住宅でも低層のほうが狙われやすい(警察庁住まいる防犯110番より筆者作成)

侵入口は窓が半数以上。5分以上かかると諦める傾向に

前回紹介したが、侵入被害の原因は、“鍵の締め忘れ”が第1位。

「基本的に住まいの侵入口となるのは窓が多く、半数以上を占めています。窓ガラスを壊して侵入するケースもありますが、侵入被害の原因第1位は“無施錠”。特にベランダのある窓は締め忘れている人が多いんです。あとはお風呂の窓。通風のため、開け放しにしている人もいるでしょう。格子があるから平気だと思っていますが、ドライバー1本で簡単にはずせます。また浴室は建物の裏側にあることが多く、死角になっていて、油断を招く場所なんです」と佐伯さん。

まずは玄関、そして窓の施錠を徹底することに加え、窓の鍵周辺もしくは、窓全面に張る防犯フィルム(数千円程度〜)、補助錠(1000円前後〜)などでも十分、有効な対策になるそう。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。