ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【6】 お客様との私的交際

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「お客様との私的交際」の章を紹介しよう。(全10回)

(1)お客様の社会的立場を、私的なことに利用しないこと。たとえ、お客様が申し出られても、スグ飛びついて甘えないこと。

(2)約束した事は、どんな些細な事でも必ず守ること。特に時間は厳重に守ること。気まぐれは厳禁。

(3)実行できそうもない約束は、初めからしないこと。お客様をスッポかした話を、客席で平気でしている無神経なホステスは最低。

(4)誘われた時、相手を傷つけることなく断るための理由を、予め幾つか用意しておくこと。

(5)言いたくない事は言わなくてよい。しかし、ウソはダメ。

(6)お客様のお金だからといって、ムダなお金を平気で使わせないこと。気前のいいところを見せたがるお客様ほど、その使ったお金が幾らだったか覚えておられるものである。使ったお金が多いほど、別れ話はもつれるものだ。気のない相手には、お金を使わせない配慮が必要。

(7)ムヤミにねだらないこと。ねだる以上、それに見合う代償・見返りを期待されると覚悟すること。その気がない客に、ねだらないことが大切。

(8)お客様にお金を使わせた時は、キチンと謝意を表すこと。当り前のような顔はダメ。食事をご馳走されても「ご馳走さま」と言えないホステスがいる。「ありがとうございます」の気持ちを素直に言えないのは、育ちの悪い証拠。

(9)特定のお客様と親密になったからといって、それを店内で態度に表わしてはいけない。もしお客様が態度を変えたら、たしなめること。たしなめても改められないお客様ならば、親密にならないこと。また、なる値打ちのない男である。

(10)男の最低の姿を見て、すべてを判断するな。男は、その人が思っているほど立派ではないが、ホステスが考えているよりは高級である。

(11)自分の彼氏を、客にしないこと。

(12)お客様から法外なチップ、または小遣いをもらう時は、それに相当する期待をお客様はしているものである。何もないのにお金をくれる人はいない。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ホステス必携の心得帖【4】 座持ちのテクニック
ホステス必携の心得帖【2】 お客様との対応
ホステス必携の心得帖【3】 飲み方と飲ませ方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP