ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ごきげんよう』終了 長寿番組を支えた小堺一機の「聞く力」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『いただきます』『ごきげんよう』と31年半にわたり、フジテレビの午後1時台を守ってきた小堺一機が3月31日の放送を最後に去る。1984年10月開始の『いただきます』は浦辺粂子や小森和子、塩沢ときなどの“おばさま方”が自由闊達に喋り、人気を博した。1991年からは『ごきげんよう』に改題。当初は1人のゲストにじっくり話を聞くスタイルだったが、スタートから8か月後に、放送終了まで続く名物企画『サイコロトーク』が誕生した。

 出たサイコロの目によってトーク内容を変えるスタイルが話題を呼び、「何が出るかな、何が出るかな?」という小堺の名調子は広く世間に知れ渡るところとなった。サイコロトークは時代の波に押されることなく、1991年開始から25年間も形を変えずに続けられた。芸能記者が話す。

「2000年代に入ってからのバラエティ界では、ひな壇番組が隆盛を誇りました。その時代の流れのなかで、1人でじっくり喋るスタイルの『ごきげんよう』の存在感は増していったと思います。当時、ゲストの3人は3日間出演し、最低でも3回もフリートークの持ち時間が与えられた。この番組スタイルはありそうで、なかなかない。

 ひな壇番組だと持ち味を出せなくても、1人で喋ったら面白いタレントというのも存在します。そのような人にスポットを当てる貴重な番組であり、『ごきげんよう』をきっかけにマルシアや磯野貴理子などが人気者への道を歩んでいきました」

 番組を語る上で、小堺の“聞く力”は見逃せない。テレビ局関係者が話す。

「サイコロトークでの小堺さんは優しく、じっくり話を聞き、ゲストが困ったら笑いに変える卓越した技術を持っており、タレントも安心して喋れた。どうしても自分が目立ってしまいたくなるはずなのに、小堺さんは相手を引き立てることを常に考えていました」

『いただきます』開始当初、小堺は『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(テレビ朝日系)で関根勤と一緒に、“クロコ”と“グレコ”役を演じるなど、まだ若手コメディアンという立ち位置にいた。その時に巡ってきた帯番組司会という大チャンスに張り切った小堺は、“おばさま方”を生かすのではなく、自分ばかりが喋ってしまっていたと『ごきげんよう』内などでよく述懐している。

『いただきます』開始当時、同じ事務所の先輩である萩本欽一や『NTV紅白歌のベストテン』(日本テレビ系)で親交のあった堺正章に、「なんでアイツ1人で喋ってるの? おばさんがあんなに面白いこと言っているのに聞いていない」と言われ、それまでのやり方を改めた。120%の力で喋っていたのを70%に落とし、“おばさま方”の話に耳を傾けるようになったという。すると、視聴率もグングン上昇。人気番組のひとつになり、同枠で31年半も司会を務めることとなった。

「『笑っていいとも!』(フジテレビ系)と同じ年数続いた芸能史に残る名番組を作り上げた。前に出過ぎない、人を立てるという小堺一機のスタイルは評価されてしかるべきでしょう」(同前)

【関連記事】
小堺一機長男・翔太アナ 授業で出たサイコロトラウマだった
古舘キャスター退任間際に『報ステ』視聴率上昇の理由
焼肉店実績ある清原和博 「番長ラーメン」で社会復帰計画?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP