ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好みの淹れ方にカスタマイズできる「次世代型コーヒーメーカー」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで、ドリップをカスタマイズできるコーヒーメーカーが欲しい!」という多くの声に応え、ハンドドリップを知り尽くしたHARIO株式会社が開発。まったく新しいマシンが誕生しました。

ハンドドリップを見事に再現!

「オートモード」と「マイレシピモード」の2種類から、タッチパネルで簡単に選択が可能。手軽なオートモードでも「3つの温度・2つのスピード」が選べるため、同じ豆であってもいろいろな味が楽しめることに。Smart7は、湯温や注ぐスピードが変わると味も変化する“柔軟さ”が持ち味なので、これこそが醍醐味と言えるでしょう。

マイレシピモードでは、抽出時の温度(80〜96℃)、湯量(270〜700ml:10ml単位)、湯を落とすスピード(時間:1秒単位)を一から設定できます。自分が考えたハンドドリップレシピの設定や、コーヒー豆に合わせた理想的な抽出を再現できるのが最大の特徴。保存機能もあるので、好きなレシピを見つけたら保存し、共有するのも楽しそうですよね。

価格は54,000円(税込)で、購入はこちらから。スペシャルレシピのサイトも開設されており、実演やイベント情報はFacebookで発信中です。

忙しい朝にはオートモードで。また、豆に合わせたドリップや新しいレシピに挑戦したいときはマイレシピモードで。毎日の一杯も特別な一杯も、ワクワクしながら新感覚のドリップをーー。

Licensed material used with permission by HARIO株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

子供ができて初めて気づく。お母さんが絶対口にしない「10の愛情」
仕事がつまらないと感じたら、思い出して欲しい「6つのヒント」
空間作りのプロが教える。心の底からリラックスできる家づくり「4つのポイント」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP