ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実食!『マルコメ 料亭の味 トムヤムクン風味噌汁』

  • ガジェット通信を≫


1月中頃ぐらいだろうか…。タイ関係のニュースサイトで「マルコメからトムヤムクン風味の味噌汁が発売されるらしい」というニュースが駆け巡ったのは。

あれから2ヶ月。発売時期は3月初旬とアナウンスされていたけれど、一向にお店で見かけない。
ネット上でレビュー記事も見当たらない…。というわけで、気になっていたので通販を利用し買ってみることにした!

まとめ買いしかできないみたいなので、今家には大量のトムヤムクン味噌汁が…。 笑
まあ、保存も効くし、気が向いたときに使っていたらそのうちなくなるよな?ドンマイ!


袋を開けると、中身は2食分。インスタントの味噌汁としてはあんまりお得じゃないかもね。
普通の味噌汁に比べて具のパックが大きく、味噌のパックが小さい気がする。


ドバッと器にあけてみた。乾燥エビが入っていたり、乾燥卵が入っていたりして、味噌汁というよりラーメンのぐみたいやね。味噌の方は、トムヤム成分が入っているためか、やや色が赤め。


ドバッとお湯を注いで。。


できた!ちょっと洋風のスープみたいな見栄え。
飲んでみると…。ぶはっ!辛味がまず最初にキタ!
帰国してからもうだいぶ経つので、辛味にちょっと弱くなちゃったかな?自分。
なんというか、タバスコの辛味に近い、口に入れてすぐ喉に響くタイプの辛味だった。
あらためて、冷静に味わってみると…。意外と美味しいコレ。(笑)

きちんとレモングラスっぽい酸味も出ているけど、違和感がない。
考えてみれば、味噌ってもともとちょっと酸っぱいものだもんね。手作りの味噌って酸化が進んで、すぐ酸っぱくなるもん。ほのかな酸味とは相性がいいんやね。

辛味も、まあ豚汁に入れる一味の量をちょっと多めにした、という感じ。
ココナッツミルクは入っていない。でも、味噌汁の風味と風味と色はばっちり出ている。ナムサーイとよんでいいものかどうか?トムヤムの雰囲気はまあ、出ていると思う。そして、味わいはあくまでも味噌汁。

トムヤムにも味噌汁にもなりうる海鮮の出汁が、両者をうまく結びつけた、って感じかな。

惜しむらくは、ナムプリックパオの油分と、生姜とカー(なんきょう)、あとこぶみかんの葉の風味が感じられなかったことかな。特に、こぶみかんの葉の風味は欲しかった。。

具の方は、エビもパクチーも入っていて、エノキっぽい素材も入っていて、頑張っているなーと感じた。パクチーの風味もちゃんと感じる。ま、卵が具に必要かどうかは賛否あると思うけど…。見栄えはいい!食べ応えも増している。

何よりも残念なのは、店頭でこの商品さっぱり見かけないということ!(関東にはあるのかな?)マルコメやる気あんの?

まあ〜味噌汁という万人に受けそうな料理に、敢えて万人受けしない素材を足しちゃってるので売りにくいんだろうね。 買いたくても、そもそもお店にない…。売る前からヒットが約束されていないという可哀想な商品だと感じた。

頑張れトムヤム味噌汁!
街かどタイ料理! – トムヤムBlog - は、トムヤム味噌汁を応援しています。 笑

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP