ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

35歳になって思う。「社会人1年目の自分」に言いたい5つのコト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
387622702

とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えたいことを「Inc.com」にまとめています

4月から新社会人になる人はもちろん、“若手”と呼ばれるビジネスマンはチェックしておくべきかも。

01.
会社のサポートを期待せず、
自分自身に投資しよう

257304814

あなたがどの年齢層にいようと、能力向上のためのトレーニングを期待してはいけない。それはあなたではなく、あなたを雇っている側の問題なのだ。

あなたは、自分を高めるために、自分自身に投資する必要がある。知識は多くの経験を通じて、蓄積され続けるもの。あなたに投資してくれる誰かを待つ必要など、どこにもない。

02.
キャリアは、
「長いゲーム」だと理解しよう

あなたが20代半ばであるなら、キャリアは、あと40年近くも残っていることになる。私のように30代半ばだったとしても、まだ30年も残っているのだ。

自分が長いゲームをプレイしていると理解しよう。キャリアが終わるときに自分がどうなっていたいかを想像し、その最終目標から逆算して計画を立てる必要がある。

03.
良い状態に固執しない

_288168269

悪い時期もあれば良い時期もある。状況が悪い時にそれを引きずらないことは、誰もが知っている知識。しかし、状況が良い時でも同様に、引きずらないことが重要だ。

04.
人脈は想像以上に重要

あなたの履歴書がどれほど素晴らしくても、決して開けられなかった扉を、知人は簡単に開けてくれる。こうしたネットワークを構築するためには、他人があなたに手を貸す前に、あなたが彼らをサポートする必要がある。単に名刺やLinkedInでのつながりでないことは言うまでもない。

05.
簡単なことなど何もない
日々、努力あるのみ

45132471

25歳で大学院を終えた時、ようやく自分が求めていたキャリアを手にするチャンスがきたと思った。やっと、心からワクワクするようなことができるのだと。

3年後、数多くの就職面接に臨み、そのチャンスを得た。そして1年前に自分のビジネスを開始したのだ。

はじめは、クライアントを獲得することなど簡単なことだと思っていたが、現実はそうではなかった。しかし実は、それでもまったく問題なかった。

人生においては、「簡単なこと」など何もない。何かを成し遂げるために、日々努力を続けなければならないのだ。それは、25歳の時も、35歳の今も変わらない。きっと55歳になっても変わらないのだろう。

Licensed material used with permission by Dustin McKissen

関連記事リンク(外部サイト)

フランスで「帰宅後の仕事メール」を無視しても良い法案が提出される!?
男性は、女性の「美しさ」よりも「賢さ」を重視しつつある(研究結果)
誰からも愛される、魅力的な人「11の共通点」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。