ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お金持ちの家に泊まる感覚! モロッコの邸宅ホテル「リアド」に宿泊したい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されていた。しかし近年、外国人がこの価値を再発見。邸宅を買い取り、リノベーションを施して観光客向けの宿に造り替えた。

ひと口にリアドと言っても1万円以下でラクラク泊まれるところから、5ッ星ホテル並みのところまで。もしもモロッコを訪れることが大事あれば、1泊ぐらいはリアドで過ごしてほしい。

リヤドを輪切りにすると、
こんな感じです

部屋はこじんまりとしているものの、決して狭苦しくはなく、調度品一つひとつにまでオーナーの趣味が表れている。これが良いリヤドの特徴。宿を楽しむのが目的なら、吹き抜けの中庭にプールがあり、専用のスパ(ハマム)があるところがいい。

多くはブッキング・ドットコムなどのネットからでも予約でき、口コミを参考にすれば大ハズレは引かないはずだが、レビュー数が少なく高得点を獲得しているところは自作自演の可能性を疑ってかかったほうがいいかも。

良いリヤドの6つの特徴

乾燥したモロッコでは緑を見ると心が癒されるもの。ところどころに植物を配したリヤドは、それだけ落ち着く場所だ。

光の差し込む中庭で食べるリヤドでの朝食は、贅沢な気分に浸れるもの。

リヤドは寝るためだけの宿ではなく、のんびりくつろぐ時間を大切にしたい宿。ゆえに、朝食と同じくミントティの味も大事だ。

上での紹介した通り、良いリヤドには良いハマムがある。

良いリヤドは場所がわかりにくいもの。宿泊するなら、悪いことは言わないから、宿の人に迎えを頼むべき。

ルーフトップから街を望むのも、また一興。眺めのいい屋上があるリヤドを選びたい。

『トリコガイド モロッコ』

ちょっとディープでお洒落な旅を応援する大判ガイドブック『トリコガイド』のモロッコ・バージョン。豊富な写真と現地レポートをもとにした記事は、コアなトラベラーからの支持も厚い。モロッコに興味がある人は、まず手に取りたい1冊だ。

All Photo by Dan Imai
Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

関連記事リンク(外部サイト)

ミントティを美味しく飲む方法「本場モロッコ式」
「ドローン」で空撮しながら世界一周!こんな絶景見たことなかった・・・
標高2,055mのゲレンデに「極小キャビン」が出現。ガラス張りの室内はベッドだけ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP