体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異常気象でますますニーズが高まる!? 気象予報士になるには?

気圧配置などを分析して天気や気温を予報

 

ニュース番組の天気予報コーナーなどでおなじみの気象予報士。

 

「専門性の高い仕事に就きたい」「華やかな舞台で活躍したい」という高校生には魅力的に映る職業の一つではないだろうか。

 

気象予報士と名乗って働いている人たちはみんな国家資格を取得したエキスパート。

 

確かに専門性は高そう!では、実際どんなことをする仕事なのか、どうすればなれるのかを、自らも気象予報士である一般社団法人日本気象予報士会 専務理事の岩田修さんに聞いてみよう。

 

「気象予報士は、気圧配置をはじめ、気象庁から提供される気象データなどをもとに、専門知識を駆使して天気や降水確率、気温、湿度を予報する技術的な仕事です。活躍の場は、代表的なところでは、皆さんもよく知っているテレビのお天気キャスター。ただし、それだけではないんですよ」

 

異常気象でますますニーズが高まる!?気象予報士になるには?

 

コンビニや商社で活躍する気象予報士もいる!

 

例えば、放送局に限ってもお天気キャスター以外の気象予報士がいる。

 

各局には、全国の気象情報を集めて分析する“ウェザーセンター”などと呼ばれる部門があり、そこで予報を作成しているのも気象予報士。お天気キャスターは専門家ではないタレントやアナウンサーが務めることもあり、その場合、放送局に所属する裏方の気象予報士が原稿を作っていることが多い。

 

放送局以外では、気象業務許可事業者と呼ばれる天気予報を専門に行う会社で働いている人もいれば、気象庁で国家公務員として働いている人も。…と、このあたりまでは高校生にもなんとなく想像がつくところかもしれない。しかし、もっと意外な活躍の場もあると岩田さん。

 

「一般企業で活躍する気象予報士もいます。例えばコンビニ会社。社内の気象予報士がエリアごと時間帯ごとの詳細な天気や気温を予測し、その情報をもとに各店舗で商品の仕入れを調整しているんです。アイスやおでんなど、売り上げが天気・気温に左右される商品は多いですからね。『あと30分で雨が降るから傘を出して』といった細かな指示も出されています」

 

異常気象でますますニーズが高まる!?気象予報士になるには?

 

また、農産物を扱う商社には、世界中の天気・気温を分析している気象予報士も。商社は、その予報に基づいて、豊作で農作物が安い地域や時期を選んで仕入れなどの計画を立てている。海外の詳細な天気予報は日本の気象庁は発表していないので、気象予報士の専門的なデータ分析力がものをいうというわけだ。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会