ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山猿、初めての国歌独唱とノーバン始球式に拍手喝采

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月27日福島市のあづま総合運動場で開かれた、福島県内のスポーツ文化を盛り上げる初の「ふくしまのプロスポーツ応援フェスティバル」で行われた福島ホープスのオープン戦。試合前に開催されたセレモニーにて福島出身、在住の歌手である山猿が自身初の国歌独唱し、さらに続いて始球式も務めた。

初めての国歌独唱に神妙な面持ちの山猿が登場すると一気に客席は盛り上がり、独特の美声で「君が代」を熱唱。

その後、ホープスナインが守備位置に就いた後、今度は背番号「58」の真っ赤なユニフォームで登場。マウンドへ上がって始球式も務めた。98Kmとスピードのあるノーバウンド投球を披露し、球場のファンから拍手喝采を浴びた。
山猿は「始球式でもバッターボックスに立っている選手の真剣な目を見たら、力を抜いて綺麗に投げるのが無理だった。綺麗に投げられなくて悔しかったけど、試合を応援する気持ちで全力で投げられたからよかった」と語った。

関連リンク

山猿 オフィシャルサイト:http://www.yamazaru.net
山猿 オフィシャルfacebook:https://www.facebook.com/yamazaru.jp
山猿 オフィシャルTwitter:@yamazaru_sme
■山猿 LINEスタンプhttp://line.me/S/sticker/1066994

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP