ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緑内障急増 7割が正常眼圧で視神経障害を来している

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 失明原因の第1位である緑内障の患者数が近年、急増している。患者数は2005年の約54万人から2014年には106万人と、約10年で倍増(厚労省『平成26年・患者調査』より)した。

 自分が緑内障に罹っていると気付いていない「隠れ緑内障」も多く、推定患者数は400万人を超え、40歳以上の20人に1人が罹患していると言われる。

 視野が欠損し、重篤になると失明の恐れさえある緑内障は、加齢と共に発症リスクが高まるのだが、多くの人は自覚すらない──なぜなのか。日本眼科学会認定専門医で「回生眼科」院長の山口康三氏が解説する。

「緑内障は、かなり症状が進行した段階でないと視力低下などの症状が表われないケースが多い。発症初期は、視野の一部に見えにくいところができ、中期になると視野の欠けた部分が拡大する。しかし、進行具合は左右で差があるため、視野の欠損が生じても両方の目が互いに補完し合ったり、脳が欠損部分のイメージを補ったりするため、一見すると正常に見えてしまう。そのため、異常に気付きにくく、治療が遅れ、失明に至ってしまいます」

 緑内障は主に眼圧(眼球の内側から外側へ掛かる圧力)の影響で発症する。

 眼球は「房水」という体液で満たされているが、この房水が眼圧を一定に保ち、角膜や水晶体に酸素や栄養を送り届けている。加齢などの理由で、眼球内の房水の量が増えると眼圧は上昇。眼底から脳へとがっている視神経乳頭が圧迫され、目から脳へ正しく視覚情報が伝わらなくなるため起こる神経障害だ。

 だが、困ったことに、日本人の緑内障患者の約7割を占めるのが、眼圧が正常でも視神経障害を来す正常眼圧緑内障なのである。

「原因は解明されていませんが、もともと視神経は圧力に弱いため、正常範囲の眼圧でも神経が圧迫されて発症する可能性が考えられます」

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
40才以上の5%がかかる緑内障 進行するまで自覚症状なし
目の成人病“緑内障”の治療法は4種類 いずれも眼圧を下げる
早期治療で失明回避したい 緑内障・糖尿病性網膜症等の疾患

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。