ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天然・DJ KOOを翻弄した小室哲哉の「アメとムチ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 CDが最も売れた1990年代にオリコンランキングでトップ5を独占するなど、音楽シーンを席巻した「小室ファミリー」。“天才”“時代の寵児”などと称され、取っつきにくい印象もあったプロデューサー・小室哲哉の意外な一面を、DJ KOOが著書『EZ DO LIFE!』で明かしている。DJ KOO本人が語る。

「人気絶頂期は2年間ほど全く休みがなく、小室さんとボクは連日、スタジオで朝方まで仕事。小室さんはマイカー通勤でしたが、いつも『KOOちゃん、一緒に帰ろうよ』と、助手席にボクを乗せて送ってくれた。ただ、小室さんは車内でずっと無言で、緊張してボクも何もしゃべれず、沈黙が続くツラい時間でもありましたが……」

 その頃、新幹線のグリーン車や飛行機のファーストクラスを貸し切ったり、世界中に豪華な別荘を持ったりと、数々の豪快伝説が報じられた小室。一方、後にTRFリーダーに抜擢されるKOOだが、もともと小室ファミリーがブレイクする前から小室の「付き人」として雑用をこなす関係だった。

「最初は小室さんも『何でこいつ、ずっとオレのそばにいるんだろ?』と不可解に思っていたでしょうね(笑)。次第に仕事を任されるようになったのですが、たいてい『好きにやって』と具体的な指示はなし。海外のスタジオで初めて英語のラップを収録した時もその場におらず、不安で押し潰されそうになりながらも腹をくくって挑んだことを覚えています」

 デビュー直後、DJ KOOは突然、髪型を当時の日本では珍しいドレッドヘアにし、関係者に衝撃を与えている。ドレッドヘアを施術できる美容院を自ら探し歩き、作業は2日間かかった。費用の25万円も自腹。イギリスのバンドの写真を見た小室が「KOOちゃん、こういうふうにしなよ」と何気なく言ったことがきっかけだったという。

「『やってきましたっ!』と会いに行くと、『ホントにやっちゃったの?』と目を丸くしていたので、半分冗談だったのかも。小室さんと長い間、仕事をしてきて得たKOO(教)訓は、『信頼にまさる財産はない』ってこと。たった一人でも誰かを信頼したところから、人生は大きく動き始めるものだと思います」

◆DJ KOO(ディージェイ・コー):1961年生まれ、東京都出身。数々の人気ディスコでDJを務め、日本初のノンストップ・ミックスCDなどを手がける。1993年、小室哲哉プロデュースの「TRF」活動開始。『EZ DO DANCE』『survival dAnce ~no no cry more~』『Overnight Sensation』などが次々と大ヒットし、CD総売上は2170万枚超。初の著書『EZ DO LIFE!』は、『王様のブランチ』の「文芸書ランキングTOP10」入りするなど話題沸騰中。

【関連記事】
小室哲哉 KEIKOを看病中、心配で心配でほとんで寝ていない
記憶を取り戻したKEIKO 小室哲哉の呼びかけにglobe歌う
再進撃中の小室哲哉を嫉妬させた宇多田、ミスチル、スピッツ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP