ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辛くなくても十分旨いぞ!『魚介豆乳タンメン』を食す @『蒙古タンメン中本』町田市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さりげなく町田特集と見せかけて、筆者の町田ラーメンコレクションが徐々に増えて参りました。

しかも!

それとなく町田のラーメン屋さんを巡って気付いたことがあります。まあ、聡明な町田市民ならば、とっくの昔に気が付いているとは思いますが、あえて言おう!

「町田市は激辛ラーメンの聖地である!」(2016年3月28日発布)

と……。町田をただのラーメン激戦区とするのは、まさに木を見て森を見ずで御座います。

というわけで、町田の激辛ラーメンでも、ほぼほぼ一番人気の『蒙古タンメン中本』の限定ラーメンに注目してみましょう。

『冷やし魚介豆乳タンメン』が食べたい!(心の底から)

毎月、ラーメンに限らず様々な限定メニューを提供している『蒙古タンメン中本』ですが、今月の町田店が提供する『冷やし魚介豆乳タンメン』が超絶気になる筆者で御座います。

「辛い食べ物には乳製品が効く!」

デリケートな胃や人体の末端である”お菊様”をガードするには、牛乳やヨーグルトを食前食後に飲むべしと言う記事を過去に書いています。

「厳密には乳製品ではない豆乳ではどうだろうか?」

という、素朴な疑問と『蒙古タンメン中本』の魚介系と言うラーメンに惹かれた筆者は、気が付いたら町田店の開店15分前に並んでいました。

何せ3月21日から31日までの限定、しかも一日当たり30食のみと言うストイックな仕様で御座います。

『冷やし魚介豆乳タンメン』を食す!

15分前までは並びも二人のみでしたが、開店時刻には10人ほど並んでいました。全員が『冷やし魚介豆乳タンメン』を食べるわけではないとは思いますが、夜までには確実に30食は出てしまう予感です……。

はい、というわけで早速実食で御座います。

『Twitter』で集めた情報によると、この『冷やし魚介豆乳タンメン』は3倍にすると北極くらいの辛さになるらしいです。

しかし!

あれこれ考え事をしていたら、迂闊にも普通の辛さでオーダーしてしまいました。一生の不覚で御座います。

そんなこんなの『冷やし魚介豆乳タンメン』ですが、ひとくち食べると魚介の香りと豆乳のコクでマイルドになった『蒙古タンメン中本』の旨いスープがバランス良く、無理にコレ以上の辛さを求める必要もないと思った次第です。

無論、普通の辛さでもそれなり辛いはずなのですが、やはり豆乳が辛さを抑えている印象ですね。

『蒙古タンメン中本』のクーポンは神!

さらに!

『LINE』で『蒙古タンメン中本』のクーポンを提示すると、麺大盛り、ゆで玉子、ウーロン茶のいずれかをサービスされるのです。

当然、筆者的には”麺大盛り”一択で御座います。

『蒙古タンメン中本』の神髄はスープにあり、麺大盛りよりもライス、むしろ『定食』(辛子麻婆&小ライスで180円)こそ至高とされていますが、筆者は麺が好きなので却下です。

意外と具沢山である!

スープに沈んで具はあまり見えませんが、そこはタンメンなので結構な量の野菜とかが入っています。

そして!

この『冷やし魚介豆乳タンメン』のスープと野菜の相性が抜群であると言う罠で御座います。麺が好きと言った筆者ですが、もしかしたら『冷やし魚介豆乳タンメン』は麺抜きで野菜増しとか旨い予感です。

しかし!

なんだかんだ言っても「つけ麺美味しいよね~」みたいな結論に辿り着き、結果としてスープも完飲で御座います。

ご馳走様でした!

『冷やし魚介豆乳タンメン』 総評

ノーマルであれば『蒙古タンメン中本』のメニューの中でも、ほぼほぼ”非辛”(辛くない)に分類されると思われ、辛いのが苦手な人でも美味しく頂けるラーメンかと存じます。

具体的に言うと、鼻の頭にうっすら汗が滲むレベルで、全ての体液を噴出しながら食べる『北極ラーメン』に比べると、天と地ほどの差があります。

しかし!

魚介の香りと豆乳のコクが加わった『蒙古タンメン中本』のスープは、神の液体と言っても過言ではなく、辛さだけが売りと思われている『蒙古タンメン中本』の真の実力を垣間見る事が出来る一品かと思いました。

これは必食なのではなかろうか?

というわけで、残り僅かなチャンスですが、町田周辺のラーメンフリークは、ダッシュで『冷やし魚介豆乳タンメン』を食べに行って下さい。

以上です。

『蒙古タンメン中本』(町田店)

住所:東京都町田市中町1-1-3 町田リラビル1F

営業時間 10:00~25:00
定休日:年末年始

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP