ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『最強ラーメンFes,』がどんだけ最強か調べてみた結果 @町田シバヒロ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、いよいよ間近に迫った『最強ラーメンFes,』ですが、あえて言おう!

「今年、町田で一番の祭りになる予感しかない!」

正直なところ、この手のラーメン博とかラーメンイベントは、さして興味のなかった筆者で御座います。

しかし!

この『最強ラーメンFes,』に集まったラーメン店の名前を見て、考えが180度変わった筆者です。

「このイベント成功させたら来年も町田で旨いの喰えるぞ」

という、ほぼほぼ私情100%のピュアな気持ちで動き出した筆者は、その野望を叶える為にいつもの25%増しのエネルギーを記事にすることにしました。

「言う程、最強じゃないんじゃないのか?」

基本、天の邪鬼な筆者なので、最強最強言うても言うほど最強じゃないんじゃないのか? 本当に美味い店が入ってんのか?

「安心して下さい。ちゃんと入ってますよ!」

というわけで、今回は筆者なりに下馬評、もとい各店舗をザックリ適当に紹介しようと思います。当日、町田のシバヒロで行われる『最強ラーメンFes,』に訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

『六厘舎』

はい、いきなり出オチ感満載の店が来てしまいました。

極太の麺に濃厚スープ、今現在の主流となる”濃厚つけ麺”の先駆者というか教祖とも呼べる『六厘舎』で御座います。

特に”魚粉”をトッピングにして、少しづつスープに溶かし味を徐々に濃い方向へと変化させる工夫で、多くのラーメンマニアを唸らせました。

もはや味に関しての不安は一切無しで、あとは店舗と違う環境で、どれだけ本来の『六厘舎』の味を再現出来るかどうかで勝負が決まると思います。

味の傾向:超濃厚な豚骨魚介系スープに極太麺

モビルスーツで例えたら『初代ガンダム』

『とみ田』

千葉県の松戸市というロケーションに在りながら、都内どころか全国からマニアを呼び寄せる程の実力店。

濃厚なスープも魅力的だが、なんと言っても『心の味』と言う『とみ田』専用の粉まで作り、全粒粉を石臼で挽いた自家製麺は圧倒的である。

まさに『六厘舎』と並んで関東の2強と呼べる”つけ麺”が町田に集まるとか胸アツ過ぎる予感です。

味の傾向:濃厚なトリプルスープ(ゲンコツ、モミジ、魚介)自家製麺

俳優で例えたら『千葉真一』

『無鉄砲 無心』

京都に本店を構え奈良にも出店する『無鉄砲』は、まさに西からの刺客と呼べる実力店。関ヶ原の戦いを町田で再現するのか?

脂を控えた濃厚な豚骨スープに柚子、胡椒、一味唐辛子でアクセントを加えているとの事で、濃厚ながらも臭みのないスープは注目。

特に”柚子”が豚骨スープに与える影響は少なくないので、個人的にも非常に気になる一杯である。

味の傾向:濃厚な豚骨スープ

芸人に例えたら『明石家さんま』

『前田慶二郎』

石川県金沢市で圧倒的な人気を誇る”二郎インスパイア”の『前田慶二郎』も、筆者的には注目で御座います。

町田周辺にも相模大野や野猿街道にも『ラーメン二郎』は在り、明らかにアウェーの地で闘う『前田慶二郎』には不安を覚える筆者です。

しかし!

それを承知であえて乗り込んで来た傾奇者『前田慶二郎』は何かをやってくれると信じています。

また筆者と同じように金沢の二郎インスパイアが、どんなモノか気になる人は少なくないと思われるので、ひと花咲かせる要素はあると思います。

味の傾向:傾奇者な二郎インスパイア

武将に例えると『前田慶二郎』

『違う家』

横浜家系ラーメンの美味しさに惹かれ、かつオリジナリティーを求めた結果

「元祖・家系油そば」

なるベクトルへと進化した『違う家』は色々な意味で注目ではないでしょうか?

今回は『最強ラーメンFes,』なので『家系油そば』を封印して、普通に家系ラーメンで勝負するのか気になるところですが、そこはあっさり『家系油そば』を出して来るライトさがジワジワ来ます。

大丈夫か?

味の傾向:家系ラーメンっぽい油そば的な何か

歌手に例えると『つのだ☆ひろ』

『金澤濃厚中華そば 神仙』

こちらも石川県金沢市からやってきた濃厚豚骨ラーメンの店で御座います。北陸最強の濃厚豚骨スープという事で、家系ラーメンが多い町田の隣にある相模原の人達の人気を集める予感です。

しかも濃厚な豚骨スープに合わせる麺は細麺との事で、細麺好きの票も集める可能性を考えると、ダークホース的な存在と言えるでしょう。

「とにかくスープに手間をかける」

との事なので、基本に忠実な美味しいラーメンが食べられる予感です。

味の傾向:濃厚豚骨スープに細麺

北斗の拳に例えると『山のフドウ』

『博多だるま』

1963年創業の老舗。博多のラーメンということでスープは”呼び戻し”と思われ、どこまで本店と同じ味を出せるかが気になる所。

仮に本店と同じ味が出れば、そのポテンシャルは計り知れない。

今回は『豚トロ肉盛りチョモランマ』と言うメニューで勝負!そのグラフィックから一見さんのハートを鷲掴みにして、そのまま逃げ切る可能性も高い。

味の傾向:豚骨(博多ラーメンの豚骨)に極細ストレート麺

山に例えると『エベレスト』

『麺屋 緑道』

濃厚ダブルスープでも、より魚介寄りに振った『麺屋 緑道』のスープは、是非とも試したいですね。

麺は『中華蕎麦 とみ田』の製麺所から仕入れているらしいので、麺のクオリティーは間違いないでしょう。

今回の”つけ麺枠”は強豪が揃っていますが、その差は頭ひとつの僅差かと存じます。

味の傾向:濃厚魚介豚骨(魚介寄り)

動物に例えると『海豚』(イルカ)

『肉玉そば おとど』

今回は『最強ラーメンFes,』の為に開発した限定ラーメン『極・肉玉そば』をひっさげて登場! このビジュアルは美味い予感しかしない!

スープはトリプルスープで”鶏、豚、牛”と言う、まさに動物系を極めた濃厚スープは必食かと存じます。

合わせる麺も国内産の高級小麦『春よ恋』を使った細麺、豚はホエー豚、ネギは九条葱を使用する徹底的なコダワリ。

「そこまでして勝ちたいか?」

と思わせるほどの貪欲さは、まさに『最強ラーメンFes,』の風雲児と呼べる『肉玉そば おとど』で御座います。

味の傾向:濃厚な獣スープに平打ち麺&コダワリの材料

AKB48に例えると『指原莉乃』

『BASSO ドリルマン』

前衛的な”油そば”の『BASSO ドリルマン』はヤヴァイですね。辛いラーメンが好きな町田市民にとって、ピリ辛の”油そば”はまさにド真ん中で御座います。

また、写真通りの綺麗な盛り付けで出した場合、確実に女性客の票が流れると思うので、まさかの行列も有り得ると思います。

『最強ラーメンFes,』の第一陣は”濃厚”っぷりが半端ない為に、逆に女子層の流れが読めません。

と、なると盛りが綺麗で脂っぽさがないビジュアルの『BASSO ドリルマン』は砂漠のオアシスとなると思います。

味の傾向:清純派ピリ辛油そば

電動工具に例えると『BOSCH』の電動ドリル

『最強ラーメンFes,』が最強だった件の是非

こうして調べてまとめてみると、今回の『最強ラーメンFes,』が、いかに最強であるかを思い知った筆者で御座います。

特に3月31日(木)から4月3日(日)までの四日間は、今世紀史上最強のブッ濃いメンツを集めたと感心した次第です。

それでは、是非みなさんも町田市で開催される『最強ラーメンFes,』に訪れてみて下さい。

都内からでも小田急線の『ロマンスカー』を使えば一瞬で着くし、会場も駅から近いので、美味しいラーメンを食べ比べるチャンスですよ。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

※画像は『最強ラーメンFes,』公式より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP