ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スティーヴン・タイラーがWMEと全面契約。ビルボード独占入手情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スティーヴン・タイラーが米大手エージェンシーのWMEと全面契約したことが明らかになった。米ビルボードが独占入手した。タイラーはこれまでCAAと契約しており、エアロスミスのツアーに関しては引き続き、Paradigm Talent Agencyが代理人を務める。

 スティーヴン・タイラーがリード・ボーカルを務めるエアロスミスはアメリカで最も売れるロック・バンドとなり、全世界でのトータルセールスは1億5,000万枚以上を記録。彼自身は人気オーディションTV番組『アメリカン・アイドル』のシーズン10および11にて、審査員の資格を得ている。また、「ドリーム・オン」、「ウォーク・ディス・ウェイ」、「クライン」、「ミス・ア・シング」などのヒット曲を生んでいるほか、「ピンク」、「クレイジー」、「リヴィング・オン・ジ・エッジ」、「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」では【グラミー賞】ベスト・ロック・パフォーマンス部門を受賞している。

 また、昨年11月にはその「ジェイニーズ・ガット~」にちなんでタイラーは“ジェイニーズ基金”を設立した。同基金では、性的虐待を受けた子供たち(特に少女)をケアするためのプログラムに資金提供するため、Youth Villagesと協力するという。

 エアロスミスで15枚のスタジオ・アルバムをリリースしてきたタイラーは、今年中に初のソロ・アルバムをリリースする予定だ。まだタイトル未定の同作は、カントリー・レーベルであるDot Records/Big Machineよりリリースされ、Eric PaslayとLindsey Leeの共作による昨年のシングル「Love is Your Name」や、Nathan Barlowe、Levi Hummon、Jon Vellと共作した今年1月の「Red, White and You」などを収録する。

 なお、スティーヴン・タイラーのマネージメントは、引き続きMaverick社のRebecca Lambrecht WarfieldとLarry Rudolphが務める。

関連記事リンク(外部サイト)

スティーヴン・タイラー(エアロスミス)新作発売「アメリカの女の子達とサンセットへドライヴして、夢を叶えてる、そんな曲」
スティーヴン・タイラー 今年リリース予定のソロALから“輝かしい日々への思いを込めた”新曲を公開
スティーヴン・タイラー、あの名曲にちなんだ被害少女救済キャンペーンを語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP