ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つんく♂×志倉千代丸が手がけるアイドル・エラバレシ デビューシングル変更!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 つんく♂、志倉千代丸の最強タッグによる『バクステ』初の固定ユニット・エラバレシ。6月8日にリリースされるデビューシングルが、既に発表されていた『もうなんなの!?私』から『アイノフシギ』へと変更になると発表された。

バクステ初の固定ユニット・エラバレシ キュートな写真一覧

 「アイノフシギ」は、当初デビューシングルの予定だった「もうなんなの!?私」と同じく作詞:つんく♂、作曲:志倉千代丸書き下ろし。発売日も変わらず6月8日のままである。

 エラバレシは、本日28日より公式サイトをリニューアルし、新しいキービジュアルと衣装も公開した。個人のプロフィールでは各メンバー手書きによる、デビューへのメッセージも掲載している。

 今後、エラバレシはライブ活動やリリースイベントなども予定しており、さらなる展開に期待が高まる。

◎総合プロデューサー 志倉千代丸 表題曲が変更になった理由コメント
「デビューシングルの表題曲というのは“スタートを切る”という意味で凄く大事な瞬間なんですよ。それでなんとなく「最初だし、もう少しインパクト強めでも良い気がするなぁ……」と、ぼんやり考えつつ、スケジュールもギリギリ(というかすでにアウト)だったので、半分諦めながらもピアノの鍵盤を叩いていたら、とりあえず曲は出来たんです。さらに無理を承知で、作詞のつんく♂さんに相談したら……なんとその日のうちに歌詞が上がってきてしまったんです! こうなったらもう「じゃ、あっちも良いけど、今回はこっちにしましょ!」とクリエイターのノリにスタッフも賛同してしまい……とまぁ、これが現実です。販売店の皆さん、ややこしくて申し訳ありませんm(_ _)m 「もうなんなの!?私」どこかで聴けると思いますので楽しみにしていて下さい!」

◎エラバレシとは?
秋葉原にある育成型エンターテイメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」から選抜された8人組のユニット。
アイドルや歌手としての実力はもちろん、業界マナーやサービス精神、さらに愛嬌や社会性に至るまで、多くの事を学び、成長し、さらに3万人を超えるバクステプロデューサーから、これまでの推され歴を調査し、その中から選出された“超ウルトラスーパーミラクル選抜”
2016年6月8日に作詞をつんく♂♂、作曲を志倉千代丸が担当した「アイノフシギ」でシングルデビュー。
<メンバー>
朝倉ゆり、河合くるみ、神崎しほ、浜口藍子、針尾ありさ、増田ゆみ、松本ふうか、もえのあずき
・公式HP http://leido.co.jp/erabareshi

◎エラバレシ デビューシングル『アイノフシギ』
2016/6/8 RELEASE
作詞:つんく♂ 作曲:志倉千代丸
発売元:Stand-Up! Records
販売元:ユニバーサルミュージック合同会社

関連記事リンク(外部サイト)

本格ダンス&ボーカル追求のデキるアイドル GEM、精力的な活動が実り新作で週間チャート3位に
Juice=Juice&カントリー・ガールズ 際限なきアイドルの可能性……モーニング娘。譜久村聖の2年連続ソロも(ひなフェス取材記事vol.2)
OLアイドル、乃木坂・新内眞衣 深夜ラジオ出演のため引っ越し!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP