ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回は「東京のディープなせんべろ店」の特集です。都内の知られざる名店の中から選りすぐって、新宿は思い出横丁、渋谷はガード下、そして、漫画やドラマで話題になった北区赤羽の名店を紹介します。オヤジ世代だけではなく、若い世代でもディープな雰囲気やレトロな感じが好きな方は楽しめるはず。新宿の思い出横丁は、午後四時前から開いているお店も多いので週末の昼のみに重宝しています。渋谷のガード下は南口の方を取り上げました。東側はいずれということで。そして、北区赤羽は、赤羽らしいお店を取り上げてみました。

【新宿・思い出横丁】一度は訪ねてみたい。東京の路地裏「やきとり タロー」

新宿のディープな場所といえば「思い出横丁」

「新宿」駅の西口から歩いて2分ほどの狭い路地裏が、有名な思い出横丁です。戦後の闇市から続くエリアで、東京人でも慣れるまでは勇気を奮わないと入れない雰囲気。焼き鳥や焼きトン、寿司屋に居酒屋とほとんどの業種が入り混じっています。その中から、今回は「やきとりタロー」の紹介です。名物はモツ煮込みと焼き鳥。膝すり合わせて、狭いカウンターで飲むのが思い出横丁のだいご味です。【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

勇気を振り絞って入ったら意外と皆さんフレンドリーで面白い【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

これが名物のモツ煮込み(450円)とお手軽価格【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

焼き鳥も1本150円から。6本盛りは900円

やきとり タロー

【渋谷・ガード下】東京で山形の郷土料理をいただく「天風 やまがた」

ふるさとの味「玉こんにゃく」が酒を盗んでいきます

「渋谷」駅から246を渡ってJRのガード下に向かうと、すぐに「えっ!いま平成だよね?」と疑ってしまうほどの昭和なお店があります。ここは知る人ぞ知る名店で、山形の郷土料理が食べられるお店。名物の玉こんにゃくや里芋煮を食べたら、ふるさとを思い出しちゃいます。いやぁ腹くっち、ごっつぉごっつぉ。【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

甘さとこんにゃくの弾力にハマる。あがってけらっしゃい【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

山形出身じゃなくても何故かホッする里芋煮【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

オヤジ世代のオアシス。昭和の匂いがプンプンする

天風 やまがた(http://www.hotpepper.jp/strJ000140289/)

【東京の北のディープ・赤羽】下町人情あふれるせんべろの街「喜多屋」

1階は立ち飲み。赤羽の人情にふれながら酒を飲もう

東京ディープな路地裏めぐりの真打登場です。北区「赤羽」駅の南口から徒歩1分の場所に、赤羽らしいせんべろ店があります。100円台のメニューが並び、日本酒は1合で200円。焼酎にいたっては160円という驚きの価格。安くても料理がうまいんですよここ。1階は立ち飲みなので、赤羽の人情オヤジたちに混じって飲みましょう。【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

千円もあればこれくらいは食べられちゃう【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

お酒の種類も一品メニューも豊富にそろっています【ディープなせんべろ巡り】新宿・渋谷・赤羽にある東京ならではのお店3選

北区赤羽のオヤジさんたちが集う店

喜多屋(http://www.hotpepper.jp/strJ000718186/)

東京のディープなせんべろ店特集はいかがでしたでしょうか?どのお店も個性的で楽しそうですよね。最近、新宿の思い出横丁通いで遊んでるのですが、金宮焼酎の梅割りは、すぐに酔う。どの店でも3杯までと限定している理由がわかります。ディープなお店には独特のルールやしきたりがあるうので、訪れるたびに徐々に理解していくのが面白い。そのうち通ぶってドヤ顔しながら飲めるようになるはずです。

関連記事リンク(外部サイト)

【中野】大人の女性に人気!お一人様で優雅にお酒を楽しめるバー3選
ワイン好きに朗報!浜松町で見つけた、豊富なコレクションに囲まれるワインバー特集♪
【たまにはナカメでひとり飲み】中目黒のワインと料理の美味しいお店

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。