体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

j5 create、様々な拡張インタフェースを備えたAndroid用ドッキングステーション「JUD650」を発売

加賀ハイテックは 3 月 29 日、様々な拡張インタフェースを備えた Android 用ドッキングステーション「JUD650」を j5 create ブランドの新製品として 3 月 30 日に発売すると発表しました。価格は 9,980 円 + 税です。 JUD650 は、USB 端子 x4、HDMI と VGA(D-Sub 15 ピン)の画面出力端子、オーディオ出力端子を備えたマルチインタフェースのアダプタ製品です。これを Android に USB ケーブルで接続すると、USB マウス・キーボード、外付け HDD、モニタ、スピーカーを接続することが可能になり、Android を PC として利用するのに役立ちます。本体にはボリュームコントロール機能や Android の画面をそのまま静止画や動画で記録するスクリーンショット・動画キャプチャー用の専用ボタンを搭載するほか、外付け HDD などのファイルを外部モニタにエクスプローラーで表示して、Android と外付けストレージ間のファイル転送も容易に行えます。対応機種については、Android 4.4 以上を搭載した端末とされていますが、利用できない機種もあるとのことです。おそらく、USB-OTG への対応は必須と見られます。Source : 加賀ハイテック

■関連記事
コペックジャパン、プロ仕様のスマートフォングリップ「Shoulderpod S1」を発表
エレコム、Androidで外出先でのモニタリングが可能なネットワークカメラ2製品を発表
Samsung、広告ブロック機能を搭載した「Samsung Internet 4.0」をAndroid 5.0以上の端末にも提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。