ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

dTV、国内の定額制映像配信サービスとして初の会員数500万人を突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映像配信サービス「dTV」は、2016年3月27日に会員数が500万人を突破したと発表した。国内の定額制映像配信サービスとしては初となる。

dTVは、邦画大作と連動したコンテンツを配信しており、昨年はdTVオリジナルドラマ「進撃の巨人ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」や「新宿スワン」などを配信。その他にも、12月には映画「スターウォーズ」全シリーズを見放題で独占配信。2016年3月よりアニメ「暗殺教室」のオリジナルエピソードも独占配信している。

さらに「BIGBANG」や「a-nation」など人気アーティストのライブ生配信やCS放送「FOXチャンネル」のリアルタイム配信を開始するなど、dTVオリジナルコンテンツや独占配信コンテンツを多数配信している。

また、独自のザッピングUIの開発やレコメンド機能の強化などサービスの改善に取り組んだことで、ドコモ以外のキャリアを利用するユーザーが急増しているそうだ。

TV専用アダプター「dTVターミナル」の発売、ソニー「ブラビア」、パナソニック「ビエラ」シリーズなどテレビへの対応、さらに「Amazon Fire TV」「Fire TV Stick」など外部接続デバイスにも積極的に対応し、より簡単にdTVをテレビで視聴できる環境を整備している。

関連リンク

dTV

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP