ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近の小学校・保育園卒業ファッションに変化!袴女子が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

卒業式に袴というと、大学生をすぐ思い浮かべますが、このところ制服のない小学校や幼稚園・保育園では女の子が「袴」を着て出席する「袴女子」が増えているそうです。

ネットで噂になっていたので、Twitterで軽く調べてみたところ、「(小学校の)学年中6人ほどが袴女子だった!」なんて話も。小学生・幼稚園・保育園の卒業(園)式というと、AKBっぽい服装が人気とばかりに思っていました。

【関連:卒業式送辞で『鬼灯の冷徹』ネタ仕込まれる事案】

この件について、保育園の卒園式に娘を袴女子で出席させた経験があるライターの栗田まり子に詳しく聞いてみたところ、「小学校では3~5年前からぽつぽつ出始めたと聞いている」「私は前の年にしてる子がいたのでいいなと思ってさせました」との話。卒業(園)式に出席した下級生や親がそれを見て、翌年真似して徐々に増えているようす。

小学生については親や祖父母がかなり奮発しているようですが、保育園・幼稚園に関しては「七五三で着物を用意した人が使い回しているケースが多い」とも教えてくれました。
七五三でせっかく着物を買っても1~2度しか着る機会がないですからね。また、やった後に色んな人から「お金がかかったんじゃない?」と聞かれることもあったそうですが、実はそこまでかかってないそうです。

話を聞いたライターの場合には、妹の子のお下がりでもらった着物セットに、ネット通販で買った2000円の袴を使用。他に自分で買ったのは髪飾り1500円程度とのこと。
着付けも事前にネットで勉強して自分で行ったそうなので、つまり出したお金は3500円のみ。工夫次第でこんなにも経済的にできるそうですよ。

小学生の場合にもレンタルを使ったり、お下がりの着物を使ったりして工夫している人がいるそうです。レンタルだと着物と袴セットで15000円から50000円ほど。最近ではお友達同士で袴女子をする子のためのプラン「友達割」を打ち出してるところもあります。

どこも親たちは「自分のできる精一杯」で子供達に愛を注いでいるんですね。
なお、園によっては「黒のワンピース」などドレスコードを設けているところがあるそうなので、もし来年やる方は我が子の通う学校や園のルールを調べてから行ってください。

(文:はな)

関連記事リンク(外部サイト)

大事なぬいぐるみをメンテナンスしてくれる「ぬいぐるみ病院」が話題
栃木が放つチャレンジグルメ「いちご寿司」に俺たち試されてる
ピンクでおっきな「岩下の新生姜ペンライト」第2弾登場!今回は秋葉でも販売

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP