ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本でも普及に期待!バス版Uber「Share The Bus」で格安旅行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

同じ目的地へ行く仲間と1台の車を共有するライドシェアリングサービスが、ここ最近ようやく日本でも受け入れられつつある。

しかし、法規制の厳しい日本では、普及までこぎつけるのはなかなか難しい。一般ユーザーに浸透するのは、まだまだ先のことになりそうだ。

その点、海外は早い。カナダではすでに、その一歩先をゆくサービスを開始。友達同士でバスをシェアできる「Share The Bus」が登場した。

・ウェブサイトから気軽にバスをチャーター

「Share The Bus」は、小旅行やフェス、キャンプなど、ちょっとした“お出かけ”での利用を目的とするサービス。自動車より大人数を収容できる分、費用は安くなるし、ドライバーもつくので、運転の心配をせずに道程を楽しめる。

使い方は簡単だ。ブッキングページから、行きたい場所と日にちを設定するだけで済む。100人単位の大人数やシャトルバスといった、特別なリクエストにも対応。要望や不明な点があれば、サイト上のチャットを通して、専門家に相談することも可能だ。

・新たなライドシェアリングとして普及できるかが鍵

支払いは代表者による全額支払いか、グループ間分割のどちらかを選べる。手配にかかる時間は約30秒。旅行会社やバス会社に頼むより、はるかに手早く割安でバスをチャーターできるところが、本サービス最大の強みと言えよう。

本国でも始まったばかりなので、普及はこれからの模様。このサービスがヒットすれば、日本でも類似サービスが誕生するかもしれないが、法律やさまざまな倫理観に阻まれる可能性は高そうだ

Share The Bus

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP