ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

えっ、知らなかった?! むだ毛を生えなくする方法があるなんて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

えっ、知らなかった?! むだ毛を生えなくする方法があるなんて<br />

これから暖かさが増して薄着になると、気になり始める目立つむだ毛。「エステで脱毛はお金がかかるし、自分での処理はちょっとめんどう!」とむだ毛を気にしている方へ、実はむだ毛を生えなくする取っておきの方法があるのです!

むだ毛はなぜ生えるか?

むだ毛の原因は男性ホルモンの分泌です。女性の体には女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)と男性ホルモン(テストステロン)があり、バランスを保って存在することで健康な体になっています。もしバランスが崩れると、男性ホルモンが増加して、むだ毛が増えたり、薄毛の原因になったりします。

男性ホルモンを少なく抑えるには?

男性ホルモンは食生活に気をつけることで、少なく抑えることができます。男性ホルモンを増やすのは、動物性たんぱく質。牛肉や豚肉のモモやヒレなどの赤身肉にはたんぱく質と亜鉛が含まれていて、男性の分泌を活性化します。香りの強い食べものも要注意! にんにく、玉ねぎ、ニラ、ねぎなどにはアリシンが含まれていますが、この成分も男性ホルモンの分泌を活発にします。特に玉ねぎに含まれるケルセチンは男性ホルモンが体から排出されるのを抑えるので、むだ毛の増殖にもつながります。牡蠣に特に多く含まれる亜鉛の過剰摂取も男性ホルモンの分泌を高めるので、要注意です。そういわれるとベジタリアンの人ってなんとなく体毛が薄いイメージがありますよね。

むだ毛のそのほかの要因は何?

男性ホルモンの分泌を活性化するのは、たばこのニコチン、ストレス、体の冷えなどです。たばこは極力控えること、ストレスを発散するために趣味やリラックスできる環境を整えることが大事です。また、体が冷えないようにシャワーでなくお風呂に浸かったり、運動を心がけたり、体を温める食べものを食べたりと、日常的に意識しながら生活しましょう。また、女性ホルモンと似たはたらきを持つイソフラボンを摂取することも大事です。この成分は大豆や大豆製品に含まれています。ゴマにはゴマグリナンというポリフェノールが含まれますが、植物由来の女性ホルモンとして知られています。ほかにもマカ、ブラックコホシュ、レッドクローバーなどのハーブを摂ると女性ホルモンが活性化して、むだ毛が少なくなりやすいそうです。ぜひ意識してむだ毛を減らす生活を心掛けてみては?

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP