ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

眉毛エクステを58才オバ記者体験し愛され顔にチェンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 描くだけで運気がアップすると話題の“描きぼくろ”と、今ブームの“眉毛エクステ”を女性セブンのオバ記者・58才が体験した。

 最近の太眉ブームの影響で、ない部分に毛を付けていく“眉毛エクステ”が登場。 約5000人の眉毛を整えてきた「エスラッシュ 横浜店」の斎須麻未さんは、「40代以上は眉毛が少ない人も多いですが、好きな形に足せます。アーチのある自然な眉毛は、女性らしく小顔に見えますよ。オバ記者は眉山から先の毛が少ないので、毛流れを生かして自然な形に整えましょう」。

 以下は、オバ記者の体験レポートだ。

 * * *
 美しい人は肌がきれい、歯がきれい、太っていない。そして、眉の形がいい。その中で最も簡単に作れるのが眉。斎須さんは、接着剤の付いた眉毛をピンセットで付ける細かい作業が、「楽しくて仕方がない」のだそう。

 それはいいが、オバの小さな目に太い眉はイモトアヤコに見えなくもなく、もしかして失敗作? オバの不安をよそにメイクさんは「おお、いいですね」と絶賛した結果、上の顔ができ上がった。仕上げは、運気を上げる“描きぼくろ”。金運や恋愛運がほくろひとつで上がり、その効果は3日ほど続くのだそう。

「まさか」と笑ったものの、春だし、初デートの予定もあるし、恋愛運が上がるらしい左目尻に、渾身の一点!

 結果は、2才年下の男子と会ったその日に「いっちゃいますか?」と熱海へ日帰り温泉旅行しちゃった。ほくろの力、恐るべしか、気のせいか。しばらくほくろ付きで、デートを重ねてみることにする。

撮影■森浩司

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
幸運を呼ぶほくろ AKB板野には口下、斎藤佑樹には鼻横に
1か月でウエスト5cm、体重3.8kg減の本誌記者くびれ裸身公開
55才婚活記者 風水師に「6月にチャンスある」と言われ納得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。