ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【5】 同僚からの評判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「同僚からの評判」の章を紹介しよう。(全10回)

(1)陰口を言わぬこと。言えば自分も言われると思え。

(2)服装・容貌などについて、見下した批評をしないこと。

(3)金銭・物品の貸し借りをしないこと。貸せば、その友を失うと思え。あげるつもりなら別。

(4)どんな些細なことでも、約束は必ず守ること。だらしのないことの代名詞が「水商売の女のような」であることは恥である。

(5)私的なことで、強引な誘いをしないこと。相手の立場も考えなければならない。

(6)誰とでも気軽に話し合い、好き嫌いの感情を露骨に表わさぬこと。

(7)必要な場合は、イエス・ノーをハッキリさせ、相手に誤解を与えぬこと。

(8)先輩・後輩の順序を守ること。

(9)他人の陰口を聞いても、貴女の所で終りとし、他人に伝えないこと。

(10)誰でも他人に知られたくない秘密はあるもの。その人のために、その秘密を他に洩らさぬこと。知っていても知らぬ振りをすること。

(11)同僚のお客様のときサービスしておかないと、貴女のお客様のとき助けてもらえない。

(12)概して、同僚との付き合いは、充分に知り合う迄は深入りしない方が良い。何もかも開けっ広げていると、困ることができてくる。

(13)孤独に耐える強さがないと、必ず何かで失敗する。誰も頼りにしないというぐらい強いことはない。

(14)お目当てのホステスが欠勤している時の、お客様の失望を考えてみよう。その失望について、貴女は責任を感じているか。「私は売れっ子だから、少々休んでもお客様は必ず来る」と思うのは、自惚れである。そのような自惚れは、必ず自らを不幸にする。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ホステス必携の心得帖【2】 お客様との対応
ホステス必携の心得帖【4】 座持ちのテクニック
ホステス必携の心得帖【3】 飲み方と飲ませ方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP