ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焼肉店実績ある清原和博 「番長ラーメン」で社会復帰計画?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「清原が消えたぞ!」──3月21日昼過ぎ、千葉県内の病院前で報道陣の怒声が響き渡った。17日に保釈されて以降、糖尿病の治療のために入院していた清原和博被告(48)は、病院の前で張り込んでいた報道陣に気付かれないよう極秘転院したという。その“移動先”を清原被告の知人から聞くことができた。

「まず恋人のA子さんの元へ向かい、迷惑かけたことを詫び、久しぶりの逢瀬を楽しんだようです。その後、千葉県内の薬物依存治療専門の医療施設に向かう予定だそうです。このプランは弁護士と支援者が考えたもの。支援者は政財界に顔が利く大物フィクサーで、身元引受人を探したり、保釈金の500万円を用意したのも彼だと聞いています」

 逮捕前は仕事が激減し、金銭的に苦しんでいると報じられた清原被告だが、保釈後は手厚い支援を受けているようだ。早くも5月の公判後の社会復帰プランも支援者らによって考えられている。その一つが飲食業進出だという。

「実入りの良い野球の講演会やテレビの仕事は薬物のイメージが付いたためにできない。生活を支えるために飲食店を開く話が浮上しています。清原は病院前で張り込む報道陣に焼肉弁当を差し入れましたが、大の肉好き。“肉の風味を味わいたいんや”と焼肉店ではライスを頼まず、味付けは塩のみで食べる肉通です。焼肉店は候補のひとつでしょう」(同前)

 そして最有力候補にあがっているのが、ラーメン店だ。清原被告には行きつけのラーメン店が都内に数店舗あり、中でもお気に入りは魚介豚骨味で、チャーシューにこだわったラーメンが好みだという。

「支援者は清原の知名度を生かした名義貸しによる経営参画を考えている。『清原の番長ラーメン』などの名前で話題になるのは間違いない。実は2013年に清原は焼肉チェーンと組んで『番長!清原の焼肉男道』という焼肉店を次々と開店。事実上の名義貸しで、わずか4か月の契約ながら相当な利益になったようだ」(知人)

 もちろん飲食業は簡単ではない。清原被告の“弟分”だった元木大介氏(44)は2010年にラーメン店を開業し、一時は都内に3店舗を抱えたが、昨年全店閉店した。

 清原の今後について弁護士に問い合わせたが、弁護を引き受けたかどうかも含めて、「何もお答えできない」というのみだった。現役時代は無冠の帝王と言われた清原被告だが、薬物を断ち切り、飲食業界の王者となれるか。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP