体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま、注目の”古都”、「川越」の魅力

いま、川越がスゴイ! 観光客が急増している理由って?

京都や鎌倉のような古都で、和の風情を感じながら暮らしてみたい。でも、鎌倉は人気がありすぎて家賃も高いし、関東在住だと京都に移住する決心がつかない。そんな人にオススメしたい街が「川越」です。川越といえば、今でこそ“小江戸”の風情が味わえる町としてテレビや雑誌でよく取り上げられていますが、30年前はほとんど注目されていませんでした。しかし、ここ20年で観光客は約2倍の650万人に達し、2020年の東京オリンピックのゴルフ競技が市内で開催されることも決まっています。川越は、今まさに「来ている町」なのです。

伝統的建築物やレトロ建築の宝庫!

では、古都好きの人にオススメのポイントをピックアップしてみましょう。

まず、なんといっても川越の良さは、明治・大正・昭和の建築が調和した美しい町並み。有名なのは、JR川越駅から徒歩15分ほどの場所にある「蔵造りの町並み」です。その中心地である「一番街」には、明治期の重厚な蔵造りの建物が南北400m以上にわたってずら~っと並んでいます。これらの多くはつくり物ではなく、昔からある商店や蔵が大切に残されています。これだけまとまって古い建物が残っている場所は、関東ではめったに見られません。

付近には「大正浪漫夢通り」という、大正時代のコンクリート建築が建ち並ぶ一角もあります。こちらは「蔵造りの町並み」とはガラッと雰囲気が変わって、ちょっとしたヨーロッパのような風情を醸し出しています。【画像1】石造りの商店が並ぶ「大正浪漫夢通り」(写真撮影/次にくる住みたい街はここだっ!取材班)

【画像1】石造りの商店が並ぶ「大正浪漫夢通り」(写真撮影/次にくる住みたい街はここだっ!取材班)

また、マニアの間で人気の「擬洋風建築」が多いのも特筆すべき点です。「擬洋風建築」とは、瓦やトタン屋根で、本体は和風なのに、正面(ファサード)だけを洋風に装った建築物のことで、関東大震災以降の商店兼住居によく見られます。【画像2】このような和洋折衷の建築物を「擬洋風建築」という(写真撮影/次にくる住みたい街はここだっ!取材班)

【画像2】このような和洋折衷の建築物を「擬洋風建築」という(写真撮影/次にくる住みたい街はここだっ!取材班)

神社仏閣やイベントが多い!

江戸時代、政治・軍事の要衝であった川越には、歴史ある神社仏閣が多く、それらにちなんだ縁日や祭りが多いのも特徴。地元に有名な神社仏閣が多くても、観覧料を払ってまで行かないという人も多いですが、川越は地元民でも繰り出したくなるイベントが盛りだくさんなのです。

成田山川越別院では、毎月28日に「蚤の市」が開催され、衣類・着物・おもちゃ・雑貨・古銭・食器類・書物類・海外アンティーク品などを売る店が境内にズラリと出店。早朝に行かないと、いいものはなくなってしまうほど人気です。

“おびんづるさま”で有名な蓮馨寺(れんけいじ)では、毎月8日に「縁日マーケット」を開催。こちらはより規模は小さいものの、出店者とふれあって、ゆっくり買い物ができるのが魅力。

どちらも、アンティーク好きにはたまらないイベントですね。このほかにも、毎月第3日曜は熊野神社の銭洗弁天の縁日や、毎月1日には「川越七福神縁日」など、フリマ・骨董市・縁日が毎週のように開催されています。

また、毎月18日は「川越きものの日」。着物で町を歩けば、100以上の協賛店で無料着付けサービスや割引、プレゼントなどのうれしいサービスも。川越には呉服店やレンタル着物店が多く、蚤の市やフリマでも着物を手に入れやすいので、日常に着物を取り入れてみたい人にイチ押しの町なのです。

神社仏閣が催す季節の行事を楽しむのも、古都ならではの過ごし方ですね。【画像3】成田山川越別院。毎月28日の蚤の市で知られる。境内の五百羅漢(ごひゃくらかん)も隠れた見どころ(写真撮影/次にくる住みたい街はここだっ!取材班)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。