体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲む点滴!7ヶ月まで続いたつわり中に重宝した、栄養満点&安心な手作りドリンク by 麻生玲菜

f:id:akasuguope02:20160107224811j:plain

つわり中など、食欲がないときにぴったり!「飲む点滴」甘酒を活用したジュースレシピをご紹介!甘酒の詳しい作り方も♪

季節の変わり目は体調を崩しやすいもの。身体づくりにもぴったりです!

今回は、特に妊娠初期の方向けのレシピです。

私もつわり中に飲んでいた、フルーツ甘酒をご紹介します。

甘酒には、酒粕を溶きのばして砂糖を加える方法と、米麹を発酵させて作る方法の2種類があります。

酒粕から作られる甘酒はアルコールが含まれるので、妊婦さんにはNGですが、米麹を発酵させて作る甘酒は、発酵食品でアルコールが含まれないので妊婦さんも飲んでOKです。

甘酒は、冬に温めて飲むイメージがあるかもしれませんが、昔は夏バテ解消・疲労回復の飲み物として、暑い時期に重宝されていました。

「飲む点滴」と言われるほどの栄養たっぷりなので、食欲がない時の栄養補給としてもオススメできます。

フルーツと合わせることで、ビタミンCも摂取できますよ。

【フルーツ甘酒】

f:id:akasuguope02:20160107002550j:plain

【材料】(2人分)

甘酒(ストレート) 250ml

キウイ 1個(120g)

(蜂蜜 小さじ2)

【作り方】

ミキサーに材料を全ていれて攪拌して完成!

私自身、妊娠2か月から始まったつわりが、4か月にピークになり、7か月頃まで続きました。

この5か月間はムカムカする、ニオイに敏感になる、だるさが続く日々。

そんなつわり中は、基本的には「食べられるものを食べる」と楽観的に考えていました。

中でも今回紹介した「フルーツ甘酒」はスッキリして飲みやすかったので、フルーツを苺やブルーベリー・アサイー・バナナ等に変えたり、豆乳やヨーグルトを混ぜたりする等、味に変化をつけながら毎日少しずつ飲みました。

あまり食欲が出ない時期に、フルーツを混ぜた甘酒は、スッキリと飲めて本当に助かりました!

つわり中など食欲がない時、特に甘酒をオススメする理由は、何といっても甘酒に含まれる栄養素です。

ビタミンB群、葉酸、グルタミンなどのアミノ酸、ブドウ糖などが多く含まれており、まさに「飲む点滴」

効率よく栄養を摂取することができます。

また、米麹に含まれる食物繊維やオリゴ糖は、腸の働きをよくしてくれます。

特に妊娠初期は、便秘気味になる方も多いので、胃腸の調子をととのえるにはぴったりです。

材料となる甘酒は、家庭で作ることもできます。

【手作り!炊飯器でつくる甘酒】

【材料】


1合

水 800ml程度

乾燥米麹(みやここうじ使用) 200

水 200ml


少々

【作り方】

① 炊飯器に米と水を入れ、お粥モードで炊く

② ①のお粥に冷水を加えて(60℃くらいの温度にさげて)、米麹を加え、しゃもじでひと混ぜする

④ 炊飯器の蓋を開けたまま、ぬれ布巾をかけて、保温スイッチを入れ、保温した状態で(炊飯器の中身を50~60℃に保ちながら)6時間ほど発酵させる(※麹は50~60℃で発酵します)

⑤ 2時間に1回のペースでかき混ぜ、お好みの段階まで発酵させて完成!

手作りの甘酒は、冷蔵庫で10日程保存できます。

時間はかかりますが、ごはんの甘みが感じられる、優しい甘酒を作ることができます。

是非試してみてくださいね。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。