ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもを5月病にさせない! 家庭でできるコミュニケーションケアとは?

  • ガジェット通信を≫


4月は入学式、新学年の季節です。

小さなお子さんがいるご家庭でも、新しい生活に向けて、お子さんもわくわく、どきどきしてすることが多いかもしれませんね。

ところで、新しい環境は良くも悪くもストレスがかかりがちです。

今回のテーマは、「子どもの5月病予防」です。新しい環境に向き合った子どもとの家庭でのコミュニケーションケアについて、医師に話を聞きました。

子どもにとってのストレスって…?

大人になってからだと、自分が子どものときにどんなことに悩んでいたか忘れてしまったこともあります。

子どもは入園や入学などで環境が大きく変わるとき、大きなストレスがかかっているものです。

・自宅での生活から、お友だちとの集団生活に変わる子

・保育園や幼稚園の同級生と会えなくなった子

・学校ではお兄さんお姉さんとしての立場を求められるようになった子

・クラス替えで仲良くしていた友だちが別のクラスになってしまった子

などなど……。

大人はこれまでの人生で環境の変化を何度も経験し、その人なりの環境への適応の仕方、一時的なストレスへの対処法を知っている場合が多いものです。

しかし経験値の少ない子どもは、うまくストレスをかわせず正面から受けてしまうことが多くなります。

子どもの心が休まるようなケアはありますか?

まず親が大きな気持ちで動揺せず、子どもの状態をしっかり受け止めることが大切です。

新入学、新入園、新学期などは、何かと準備や行事も多く、ご両親もいっぱいいっぱいになってしまうこともあるでしょう。

そんな中でも、お子さんが帰ってくる場所として、いつもの家庭の雰囲気をできるだけキープすることは大切なことです。

また、できれば子どもが環境に適応するまでの間は、より話しやすい、楽しみの多い家庭生活を心がけてあげるといいでしょう。

子どもが大きな環境変化に戸惑っていたり、ストレスを感じているときにそれをしっかり受け止めると、子どもは安心するものです。

どんなコミュニケーションを心がけたらいいですか?

変化を前にした普段の子どもとのコミュニケーションで、特別なことは必要はありません。

ただ、変化のある時期がわかっている場合は、前もって「どういう変化がいつから起こるのか」を言い聞かせることもひとつの方法です。変化に対しての心の準備をさせておくことも大切なことです。

【例えば…】

・4月から幼稚園に行くのであれば「あの幼稚園に行くのよ、かっこいいね。」

・幼稚園バスを見かけたら「あんな大きいバスに毎朝乗れるなんてすごいなあ」

このように、ポジティブに新生活をイメージできるよう、働きかけをしておくといいでしょう。

また、変化の多い時期は心身ともに寄り添うようにするといいですね。

一緒にテレビを見て笑ったり、近所を散歩したり、可能なら土日に子供が喜ぶスポットに泊りがけで出かけたり…とちょっと意識をして、子どもが心を開放できる場所を作ってあげると、なおいいでしょう。

【医師からのアドバイス】

ストレスを感じている子どもには以下のような行動が現れることが多いです。

・赤ちゃん返りをする

・ものに八つ当たりすることが増える

・急に泣き出すなど感情的に不安定になる

こういった様子が子どもに見られたら、しっかり抱きしめて話を聞くようにします。

また、子どものストレスが環境の変化以外にないのか、情報収集することも大切です。

ときにはお友だちからの「からかい」「いじめ」など、特別な要因がないがないとも言い切れません。環境が変化したことへの単純な反応なのか、それとも心配な要素がほかにあるのか、見極めることも必要なときもあります。

まずは視野を広くもって、子どもの様子を見守りましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

外だと言葉を発しない?それ、ただの人見知りではないかも。
「3歳児神話」ってホント!? 3歳までの理想的な育児ってどんなもの?
不登校の原因になる「分離不安障害」って何?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP